on-the-time.jp

2013年05月15日

進む円安は、中国の痛手。「通貨戦」で中国は敗れたか!?

新華社は、中国のコラムニスト邱林が昨今の円安を受け、「中日の貨幣戦争で、中国はすでに第1ラウンドを負けたのかもしれない(中日货币战中国或已先输一局)」と論じたと、2013年05月15日付で経済ニュースサイト「BWCHINESE」が伝えたと報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

この時期の大幅な円安は、中国にとって相当な痛手となった。今、中国の輸出業と外貨管理機関はかなりのプレッシャーを感じているはずだ。
円安により、中国の輸出業界は大きな挑戦に直面している。

中国と日本はこれまで、産業チェーンで互いに補完しあってきた。
中国は主にローエンド・ミドルエンドの製品を輸出し、日本は主にハイエンドの製品を輸出していた。

ところが、人民元の対円レートはすでに20〜22%も上昇、実質実効為替レートは1.5%前後上昇しており、中国の実質輸出を2.5ポイントほど下げたとみられている。

中国は日本国債の最大の保有国で、財務省と日銀が発表したデータによると、2011年末現在、中国が保有する日本国債(短期国債を含む)は18兆円と過去最多を更新している。

ところが、これらの国債は日本にとって、中国問題に対処するための「人質」と化している。
残念なことに、中日の貨幣戦争において、米国などの西洋諸国は明らかに日本の味方をしている。
実際、中国はすでに第1ラウンドを負けたのかもしれない。

なぜなら、国内の経済情勢は根本的な改善を得ていない。
このまま元高が続くようであれば、経済や輸出が大けがを負うことは避けられない。

世界各国は経済や輸出を刺激するため、自国の通貨を安く抑えようと画策している。
それなのに、中国はまだ人民元の適度な切り下げに決心がつかない様子で、このままでは、取り返しのつかないことになるだろうと指摘している。

中国は、円高で甘い汁をすすってきた。
日本のハイエンドにまで攻めてきた。
また、国民にアンチ日本教育を煽動してきた。

それでも我慢してきたが、地震で経済も大きく揺れた。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。