gaYa広告

2013年05月15日

進む円安は、中国の痛手。「通貨戦」で中国は敗れたか!?

新華社は、中国のコラムニスト邱林が昨今の円安を受け、「中日の貨幣戦争で、中国はすでに第1ラウンドを負けたのかもしれない(中日货币战中国或已先输一局)」と論じたと、2013年05月15日付で経済ニュースサイト「BWCHINESE」が伝えたと報告した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この時期の大幅な円安は、中国にとって相当な痛手となった。今、中国の輸出業と外貨管理機関はかなりのプレッシャーを感じているはずだ。
円安により、中国の輸出業界は大きな挑戦に直面している。

中国と日本はこれまで、産業チェーンで互いに補完しあってきた。
中国は主にローエンド・ミドルエンドの製品を輸出し、日本は主にハイエンドの製品を輸出していた。

ところが、人民元の対円レートはすでに20〜22%も上昇、実質実効為替レートは1.5%前後上昇しており、中国の実質輸出を2.5ポイントほど下げたとみられている。

中国は日本国債の最大の保有国で、財務省と日銀が発表したデータによると、2011年末現在、中国が保有する日本国債(短期国債を含む)は18兆円と過去最多を更新している。

ところが、これらの国債は日本にとって、中国問題に対処するための「人質」と化している。
残念なことに、中日の貨幣戦争において、米国などの西洋諸国は明らかに日本の味方をしている。
実際、中国はすでに第1ラウンドを負けたのかもしれない。

なぜなら、国内の経済情勢は根本的な改善を得ていない。
このまま元高が続くようであれば、経済や輸出が大けがを負うことは避けられない。

世界各国は経済や輸出を刺激するため、自国の通貨を安く抑えようと画策している。
それなのに、中国はまだ人民元の適度な切り下げに決心がつかない様子で、このままでは、取り返しのつかないことになるだろうと指摘している。

中国は、円高で甘い汁をすすってきた。
日本のハイエンドにまで攻めてきた。
また、国民にアンチ日本教育を煽動してきた。

それでも我慢してきたが、地震で経済も大きく揺れた。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。