2013年05月15日

進む円安は、中国の痛手。「通貨戦」で中国は敗れたか!?

新華社は、中国のコラムニスト邱林が昨今の円安を受け、「中日の貨幣戦争で、中国はすでに第1ラウンドを負けたのかもしれない(中日货币战中国或已先输一局)」と論じたと、2013年05月15日付で経済ニュースサイト「BWCHINESE」が伝えたと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この時期の大幅な円安は、中国にとって相当な痛手となった。今、中国の輸出業と外貨管理機関はかなりのプレッシャーを感じているはずだ。
円安により、中国の輸出業界は大きな挑戦に直面している。

中国と日本はこれまで、産業チェーンで互いに補完しあってきた。
中国は主にローエンド・ミドルエンドの製品を輸出し、日本は主にハイエンドの製品を輸出していた。

ところが、人民元の対円レートはすでに20〜22%も上昇、実質実効為替レートは1.5%前後上昇しており、中国の実質輸出を2.5ポイントほど下げたとみられている。

中国は日本国債の最大の保有国で、財務省と日銀が発表したデータによると、2011年末現在、中国が保有する日本国債(短期国債を含む)は18兆円と過去最多を更新している。

ところが、これらの国債は日本にとって、中国問題に対処するための「人質」と化している。
残念なことに、中日の貨幣戦争において、米国などの西洋諸国は明らかに日本の味方をしている。
実際、中国はすでに第1ラウンドを負けたのかもしれない。

なぜなら、国内の経済情勢は根本的な改善を得ていない。
このまま元高が続くようであれば、経済や輸出が大けがを負うことは避けられない。

世界各国は経済や輸出を刺激するため、自国の通貨を安く抑えようと画策している。
それなのに、中国はまだ人民元の適度な切り下げに決心がつかない様子で、このままでは、取り返しのつかないことになるだろうと指摘している。

中国は、円高で甘い汁をすすってきた。
日本のハイエンドにまで攻めてきた。
また、国民にアンチ日本教育を煽動してきた。

それでも我慢してきたが、地震で経済も大きく揺れた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。