on-the-time.jp

2013年05月11日

頻繁なマリファナ使用は、膀胱癌の危険縮小に結び付けられた。

美容と医学の科学麻薬とメディア

RawStoryは2013年05月12日に、先週、米国泌尿器学会の年次大会(American Urological Association’s annual conference)で示された調査結果で研究者は、11年の研究の結論が頻繁なマリファナ使用と著しく縮小された膀胱癌(bladder cancer)の危険の間で、強い関連性を見つけたと発表した、とUUSA Todayが2013年05月11日土曜日に報告した言った。

タバコ、マリファナまたは両方とも吸う83,000人以上の男性のガン危険性を、研究調査し、見た結果であった。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

それは査読をまだ受けていないので、まだ専門のジャーナルで発表されていなかった。

研究は、どれを持っている、またはないか、まだ経験されたかをピア・レビューし、どんな確立しているジャーナルの中でも公表されなかった、たばこ、マリファナあるいは両方を吸う83,000人を超える人の癌の危険を見ました。

それらは、たばこを吸う人が膀胱癌の危険を増加させて、その一方でマリファナだけを吸う人は、実際に危険を低下させていることがわかった。

両方を吸う人は、まだ膀胱癌の高い危険を持っていた。
しかし、タバコを吸っただけの人より低かった。

研究著者アニルA.トマス博士(Dr. Anil A. Thomas)が新聞で、「大麻の使用は、単に膀胱癌発生率の45%の縮小に関係していました。また、タバコの使用は、膀胱癌の52%の増加に関係していました。」と伝えた。

さらに驚くべきでは、マリファナを年間500回以上使用した研究参加者は、単にマリファナを時々使用した人々よりさらに低い膀胱癌の危険を見た。

研究されたその人たちの合計41%が、それらがマリファナを吸った、57%がタバコを吸った、また、2%が両方を吸ったと言った。

評論家は、もしそれが非喫煙者の対照群を含んでいたなら、研究がより完全で、他の生活習慣のためにろ過できたということを指摘した。

より低い癌の危険とより高いマリファナ使用率の間のリンクは、まだ説明されていない。
しかし、トマス博士は、人間の膀胱が癌を引き起こす場合がある危険な変化から細胞を保護して、マリファナの精神状態を変えないコンポーネントに反応するカンナビノイド受容体(cannabinoid receptors)を持っているかもしれないと推測した。

別の最近の研究は、彼らの青春期にマリファナを使用した人と、次に中止した経験を見つけが、睾丸癌(testicular cancer)のわずかに高い危険、成年期へ物質を使用し続けた人々はその同じ危険を示さなかった。

より最近、科学雑誌の分子の癌治療学(Molecular Cancer Therapeutics)の2007年の研究で、CBDと呼ばれるマリファナ中の合成物が実際に乳癌(breast cancer)の進行を遅くなることができたと、遺伝子活性を止めることができることが分かった。

これらは、他の多くの理由で、議員がその潜在的な医学的用途の中へのより多くの科学的調査のために許可するマリファナを分類し直すように勧めることを、アメリカ医学会は2009年に票決した。

しかし、議会、ホワイトハウスおよび裁判所は、行動することを拒絶した。

昔から、西洋、日本、中国などでは、大麻を生薬として紹介している。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。