2013年05月11日

もうすぐ夏!アイスクリーム経済学。

BBC Newsは、もうすぐ暑い夏がやってくる!
2人とカップルにとって、ローマのスペイン階段(Spanish Steps in Rome)を訪れたとき、大好きな楽しみの1つに対する代金として、アイスクリームにいくらなら払う気になるか?と聞いてきた。

私はフィレンツェで(Firenze)でジェラートを注文し、それを片手に散歩するのが好きだった。

4つのアイスクリームに、64ユーロを払うのは過剰な行為に見える。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

また、ほとんどの人々がお金を支払うことに躊躇しているかもしれなかった一方、非常に、イギリスの多くの消費者が、1つの「affordable treat」である、ジェラートのスクープ(affordable treat)あるいは新鮮に職人が作るアイスクリーム(freshly made artisan ice cream)として、それらが見るものにプレミアムを払う覚悟を全くしている。

米国で最初に離陸したニッチ市場、専門アイスクリーム・パーラーとファッショナブルなフローズン・ヨーグルト店「fro-yo」は、は今、イギリス全域の町と都市で現れている。

熱狂的ファン(Aficionados)は、迅速に0.5リットルのサンデーに類似した熟練工のアイスクリームに、£7.50まで支払っている。

イギリスで600社が参加しているIce Cream Allianceの代表ザリカ・カー(Zelica Carr)は、なぜ? 夏に私たちは「幸せな食物」として、それを結びつけ、 「私たちは、それが手頃な楽しみであるとまだ言います。」と言っている。

イギリスでは、51%がスティックの付いたアイスクリームを買い、49%がカップ入り、35%はコーンが好きで、31%は。アイスキャンデーを買っている。
25%はバンからデザートを買っている。

イギリスでは、人々が年間平均で£17、6リットルのアイスクリームを買っていた。

しかし、他の国家はまだもっと多く費やしている。
ノルウェー人は、年間トップで、£33(US$50)を費やし、オーストラリア人は£30(A$46ドル)、スイス人は£25(SFr37/US$38)、アメリカ人は1年通して、17リットルを食べている。

イギリスのアイスクリーム、シャーベットおよびソフトクリーム市場は過去5年に19%ずつ増加しており、今£1.1 bn(US$17億)の価値がある。

しかし、大量販売がわずかに343mリットルに落ちると予測される、と市場調査会社Mintelの上級の食品分析家エイミー・プライス(Amy Price, senior food analyst at market research firm Mintel.)が言った。

消費者はより少ない量を買い込んでいる。50mlおよび450-500ml 1回限りである一方、、ボール紙桶はより容易に利用可能な、アイスクリームの大きな1リットルのプラスチック箱は今それほど普通ではなくなっている。

もっと費やすことができて、より少ない、何人かの消費者がうれしいように見えている。
ブランドのアイスクリーム売り場から熟練工のgelateriaまで、全面的な経験は数える、とカス・ビジネススクールの消費者マーケティングの教授ヴィンス・ミッチェル(Vince Mitchell, professor of consumer marketing at Cass Business School)が言った。

「もし他の人すべてがそれを持っていれば、人々はそれを払わないでしょう。それに対して孤立性を持っていなければなりません。」
「したがって、熟練工の店あるいはレストランでは、それは単にそのメニュー上にそれを持っています。孤立性は、あなたが価格プレミアムを課すことができることを意味します。」と彼が説明した。

恐らく、これは、イタリアの首都のジェラートを食べることがほとんど排他的な経験でないので、なぜローマのイギリス人カップルが失望したかであった。

「あなたはアイスクリームを買っていません。あなたはローマを買っています。」とグラスゴーのスコットランドの大学で売買することの講師ロニー・バランタイン(Ronnie Ballantyne, lecturer in marketing at Glasgow Caledonian University.)が言った。

つまり、「ローマの休日」の恋人同士になった気分をかっているというのである。

さて、あなたは今年の夏は、どんなアイスクリーム経済学(Ice cream economics)を考えるべきだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告