on-the-time.jp

2013年04月23日

低価格スマートフォンは、2018年までにスマートフォン出荷のほぼ半分と予測。

未来

Cellular-Newsは、世界の多くの地域では、スマートフォン出荷が、特徴電話や低価格ハンドセットより携帯用ハンドセット出荷の大きな割合を占めている。

ABIリサーチ(ABI Research)によれば、スマートフォン・クラスのデバイスで区分化は、3つの価格層低価格、中間、高額で増加している。

US$250以下の低価格スマートフォンの出荷は、2013年の2億5900万から、2018年に7億8800万まで成長すると予測している。
それは同時に、2012年の市場シェア 28%から、2018年に46%に拡大する。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

中間のUS$400とのUS$400以上の高額スマートフォンは、2013年の6億3500万から、2018年に9億2500万まで成長すると予想した。

上級アナリストのマイケル・モルガン(Michael Morgan)は、
「特徴電話セグメントが関連のためにその戦いに負け続けるとともに、低コストのスマートフォンは増加し、データ収入を運転しようと努力するオペレーターのためのツールになりました。」と言っている。

スマートフォンの成長の中で、プリペイド、また、新興市場は低コストのスマートフォン成長が主要なドライバーになると予測している。

高度に発展して、補助金が交付された市場は、さらに低コストのスマートフォンが高額スマートフォンに補助金を交付することから生じるマージン・インパクトを最小化する間に、スマートフォンにまだ切り替えていない残りの消費者を捕らえることができることを知っている。

中間と高額スマートフォンは、最も高度なスマートフォンを彼らの顧客ベースにまくことを期待するオペレーターのための重要な役割を果たし続ける。

プレミアム・スマートフォンは、最も高度な無線接続性を運ぶ傾向がある。
また、彼らのネットワークを改良しているオペレーターは、それらのネットワーク上で走る送受話器が最良の可能な経験および顧客満足を提供することができることを保証したい。

上級の実行管理者ジェフ・オア(Jeff Orr)が「スマートフォン浸透が初期採用者から大衆市場とのろま消費者セグメントに移動させるように、製品としてのスマートフォンは技術的な優勢にそれほど依存せず、信頼度と値にもっと依存するでしょう。」と付け加えた。

ただし、ABIリサーチは指摘していないが、US$250以下を低価格スマートフォン、中間のUS$400、US$400以上の高額スマートフォンという区分は、多分全体に落ちてくることだろう。

超低価格携帯電話の嵐は、急激だった!
あの嵐を知って、日本の携帯電話メーカーが、価格対応できずにほとんど全部撤退した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。