on-the-time.jp

2013年04月23日

グローバルなサイバー・スパイ活動の大部分は中国から?!

ワシントンポスト(WashingtonPost)は、米国政府と産業からの調査者が火曜日に出した報告書によれば、何百もの文書化されたデータ違反の分析は、中国の政府に加入したハッカーが昨年断然精力的で、世界で最も成功したサイバースパイであることを知ったと報告した。

金融動機を持ったハッカーは世界的にデータ違反の最多の共通ソースであるが、中国は知的財産の状態に合併されたサイバースパイ活動のカテゴリーを支配したと、2013年のデータ違反調査レポート(2013 Data Breach Investigations Report)が述べた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

その報告書は、アメリカといくつかの外国政府の職員を含む、ベライゾンのRISKチーム(Verizon’s RISK Team)と、18人のパートナーによって出された。

報告書の中で詳述された政府サイバースパイ活動の120の事件のうち、96%は中国から来た.

他の4%の源は未知だったとそれは言った。

セキュリティ相談を提供するRISKチームの主要な管理ウェード・ベイカー(Wade Baker, the managing principal for the RISK)は
「これは、1つの、かなりショッキング、統計です。」と言った。

2008年以降、毎年ベライゾンによって出されるレポートは、それ自身のカテゴリーとして政府と提携されたサイバー・スパイ活動活動を最初に壊しました。そして、そのような侵入の上昇する数と彼らの起源を決定するますます洗練された努力を反映した。

「私たちは、最高のスパイクがその種[サイバースパイ活動]の活動にはなかったと思います。」
「それは、よりさらにそれらを見つける私たちの能力に関係しています。」とベイカーが言った。

中国の政府関係者は、それらの政府がサイバースパイ活動の主要な源であるという主張を一貫して否定し、インターネット・アドレスからそこに実際に出るように見える侵入が他のところで起こると言った。

ワシントンの中国大使館の職員は月曜日に、報告書に関するクエリーに応答しなかった。

ベライゾン報告書トラックの結論は、米国の情報局の合意文書国家情報評定(National Intelligence Estimate, a consensus document of U.S. intelligence agencies)の発見物で緊密に、またサイバースペースに非凡に精力的なものとして中国を選抜する多数の他の報告書に基礎を置いた。

政府高官、そして外部エキスパートで、ロシア、イスラエルおよびフランスのものを含む他のいくつかの政府がさらにサイバースパイ活動を導くと言っている、しかし中国によって試みられた規模でではない。

CrowdStrikeサービス、サイバーセキュリティ会社の社長で、前のFBIのためのサイバーセキュリティ調査ヘッドであるショーン・ヘンリー(Shawn Henry, former head of cybersecurity investigations for the FBI who is president of CrowdStrike Services, a cybersecurity company)が
「それは中国だけではありません。」
「多数の他の国々は深く関わり合っています」と言った。

異なる数片の悪意のあるソフトウェアを横切って、時々現われるコードの証拠となるセクションと共に、戦術はあるハッキング乗組員の間で類似した傾向があるので、中国のサイバー侵入のボリュームはそれらを識別することをより簡単にした。

ベライゾンの報告書は、19%はそれが政府に合併されたスパイ活動の結果だった2012年の621の確認されたデータ穴(data breaches)から、4400万のレコードを危険にさらしたと識別した。

利益に熱心なハッカーがルーマニア、アメリカ、ブルガリアあるいはロシアに最もしばしば本拠があって、小売機構はデータ違反の最も一般的な犠牲者であった。

サイバースパイ事件についてベライゾン役人は、その起源まで攻撃の悪性コードあるいは戦術を決定的に辿ることができた時だけ、彼らが国を指名したと言った。

中国のものとしてラベルが、例えば、攻撃に付けられるようには中国でインターネット・アドレスから侵入を出させることは十分ではなかったと職員は言った。

中国のハッカーは、すべてのサイズの輸送、製造する会社およびプロフェッショナル・サービス会社を対象とした、とその報告書が述べた。

メタンハイドレートや中国の航空母艦「遼寧」に、ジェット戦闘機を着陸などで、開発に多くの時間を費やしてきた中国ではまだ開発されていない技術が、突然登場している。

2013-04-06---中国のシェールガスに対する大がかりな探究。
2013-03-16---中国がメタンハイドレート開発で、新たな技術研究を開始。
2013-03-12---「メタンハイドレート」はシェールガスに匹敵できるのか?
2013-03-12---メタンハイドレートからのガス産出に成功。
2013-02-08---日本、メタンハイドレートの開発に本腰。
2013-01-08---中国は2012年に、ロシアから電力26億kWh輸入!
2012-11-25---中国の航空母艦「遼寧」に、ジェット戦闘機を着陸に成功させた。
2012-11-22---クリーンエネルギー・コミットメントをむしばむ、石炭の再起。
2012-11-15---日本企業、中国企業からの石炭購入拒否。
2012-11-15---日本企業の石炭調達ボイコット、中国企業が報道否定。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。