AD SPACE

2013-04-16

アップルは癌細胞を殺し、共通の薬「Chemo」より、技量が上。

美容と医学の科学

Natural Societyは、糖尿病、高血圧および癌などのような病気を防ぎ治療するために、食事療法を信じるか?

癌を防ぐおよび治療することに利用可能な無数の食糧および物質がある。
また、恐らく、まだ確信していない場合、この新しく刺激的な研究は取り引きに署名するだろう。

最近の研究では、オリゴ糖として知られているりんごの中の合成物は、人間の結腸癌細胞の46%以内を殺すと分かった。

さらに、合成物は有毒副作用を後に残す間に共通の化学療法薬よ、技量が上であったと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

Int J Biol Macromol. 2013 Jun;57:245-54. doi: 10.1016/j.ijbiomac.2013.03.034. Epub 2013 Mar 16.
Oligosaccharide from apple induces apoptosis and cell cycle arrest in HT29 human colon cancer cells.
Li Q, Zhou S, Jing J, Yang T, Duan S, Wang Z, Mei Q, Liu L.
Source
Department of Pharmacology, School of Pharmacy, Fourth Military Medical University, Xi'an 710032, China. Electronic address: hbnuliqian@yahoo.com.cn.

別の癌ソリューションでは、研究で、汁が搾られた後、研究者はりんごの廃棄物からペクチンおよび他のファイバーのようにpolysaccaridesを分離した。

絞り滓として知られているこの廃棄物は、皮、パルプ、種子および軸から構成されている。

polysaccaridesを分離した後に、研究者は、分子をオリゴ糖に分割するために自然なペクチナーゼでそれらを扱った。

最後に、共通のchemo薬が他のものに加えられた一方、オリゴ糖は様々な集中で培養された人間HT29結腸癌細胞に加えられた。

すべてのテストの中で、オリゴ糖は異なる集中を使用して、chemo薬より大きなレベルにプログラム細胞死(アポトーシス)を引き起こした。

約0.9のPPMでオリゴ糖は、36時間以内に結腸癌細胞の17.6%を殺した。
1 mL当たり1.3マイクログラムのchemo薬で、10.9%だけ殺したより高い。

9.0のPPMでは、結腸癌細胞の46%はオリゴ糖によって殺された。

chemo薬は、このレベルでテストされたことがない。

アップルのオリゴ糖は、否定的なchemoと異なり、正常細胞を殺さない。

りんご多糖が結腸癌成長を防ぐ場合があり、人間の結腸癌細胞(HT29細胞)の細胞の実行可能性に対するりんごオリゴ糖の影響を調査するために、この研究の目標がである結腸癌を妨害することができることが報告されている。

また、その結果は、細胞アポトーシスおよび細胞周期停止を引き起こすことにより、りんごオリゴ糖がHT29細胞の生存率を減ずることを示した。

アップルのオリゴ糖は潜在的な化学的予防代理人あるいは抗腫瘍代理として、詳細検討にふさわしい。

多くのプラント、蜂蜜およびミルクで当然見つかっているオリゴ糖は、健康の様々なエリアに役立つためのより多くの認識を獲得している。

研究で、合成物が確かに腸内フロラを密着させて血糖量をコントロールし、免疫を押し上げる、ことが分かった。

イブが、アダムに食わせたアップルは、もの凄いが、アップルのCEOは、癌で死んだ!
皮肉である。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.