gaYa広告

2013年04月17日

中国ポルノ調査で、対象になったアップルのApp Store。

ジェフ・ガメット(Jeff Gamet)はMac Observerで、中国で新しい調査で、アップルはApp Store経由で、ポルノグラフィーを提供していると主張して、調査対象に直面していると報告した。

会社が既にそれ自身の反ポルノ政策を持っているので、リスト上のアップルを見ることは面白いが、中国の政府がさらに他のいくつかの会社とWebサイトを対象としているので、アップルは調査において孤独ではないと言っている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

推測上、中国の政府は、コンテンツのうちのいくらかがApp Storeを通って利用可能だと考えている。
また、iBookstoreは、その人々にしては少し独特で、何を行う必要があるか今決定している。

WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)によれば、中国の政府関係者は、「わいせつなコンテンツ」の提供のために3月にアップルに電話し、追加の妨害を防ぐステップを取ると同様に申し立てられたポルノ物を提示することをやめるように命じられた。

アップルは、最近そのローカル保証書および国々の消費者が他の国々と比較して、より低いサービスを受け入れたという主張に対する中国の政府苦情に応答した。

アップルは結局謝罪し、消費者とのよりよいコミュニケーションと同様に今後の変更も約束した。

アップルが単に、中国でポルノグラフィーを許可していると考える別の会社か、これが、iPhoneおよびiPadメーカーに対するより大きな動きの一部かどうかは明らかではない。

最近、中国はアップルに対し、多くの攻撃的なクレームを付け始めている。
中国で、アップルは嫌われ初めてのかもしれない。

ポルノという概念は、人によって異なる。

ただし、人民日報や新華社、中国新聞網の方が多くポルノを見つける。

2013-04-02---アップル、中国のメディア攻撃に謝罪!
2013-03-27---人民日報、アップルを攻撃!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告