on-the-time.jp

2013年04月17日

1000年来の古い宇宙タペストリーをX線で明らかにした。

NASAは、チャンドラX線観測衛星(Chandra X-ray Observatory)からのSN 1006の新しいイメージは、超新星残骸を精巧に詳細(supernova remnant in exquisite detail)に明らかにしたと報告した。

今年、世界中の天文学者は、X線天文学の50周年記念を祝っている。

SN 1006という超新星残骸ほど、過去の半世紀におけるフィールドの進歩をよりよく説明する物体はほとんどない。

最初にSN 1006と呼ぶ物体が西暦1006年05月01日に現われた時、それは金星より何週間もはるかに明るく、昼間に目に見えた。

中国、日本、ヨーロッパおよびアラブ世界の天文学者はすべて、この壮観を文書化した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

1960年代の宇宙時代の到来で、科学者は、X線を含む地上から閉鎖される波長中の宇宙を観察するために地球大気圏の上のインストルメントおよび検知器(detectors)を発射することができた。

SN 1006は、X線の衛星の第一世代までに検知された最も弱いX線源のうちの1つであった。

NASAのチャンドラX線観測衛星からのSN 1006の新しいイメージは、この超新星残骸を精巧に詳細に明らかにしている。

チャンドラの視界の10の異なるポインティングをオーバーラップさせることによって、天文学者は、宇宙へ突進するその材料を送って、白色矮星が爆発した時、作られた残骸フィールドの宇宙のタペストリーを縫い合わせた。

この新しいチャンドラ画像では、最低値を赤、ミディアムを緑およびより高いエネルギーのX線は青それぞれ有色化された。

新しいチャンドラ・イメージは、SN 1006の性質に対する新しい洞察力を提供した。
それはいわゆるIa型超新星(Type Ia supernova)の残りである。

白色矮星が仲間星からあまりにも多くの多量を引き爆発する場合、あるいは2つの白色矮星が合併し爆発する場合、超新星のこのクラスが引き起こされる。

天文学者が宇宙の拡張をマークするためにマイル標柱として離れた銀河の中でこれらの爆発についての観察を使用するので、Ia型超新星の理解は特に重要である。

新しいSN 1006イメージは、Ia型超新星に放出された資料に最も空間に詳細な地図をまだ表わしている。

シリコン、酸素およびマグネシウムのような残骸分野で異なる要素を検査することによって、研究者は、それが爆発し、星の層が元あったオーダーが放出する前に、星がどのように見えたか解明し、爆発用理論モデルを抑制することができるかもしれない。

さらに、科学者は、資料の速い特定の結び目がオリジナルの爆発からどのように立ち去っているかちょうど研究することができる。

他のエリアのものが時速よりゆっくりした700万マイルで移動している間、最も速い結び目が時速ほとんど1100万マイルで外へ移動している。

SN 1006は、地球から約7,000光年の位置にある。

SN 1006の新しいチャンドラ・イメージは望遠鏡によって8日以上の価値時間で観察することを含んでいる。

これらの結果は、カナダのモンテレーで開催された米国天文学会の高いエネルギー宇宙物理学部門(High Energy Astrophysics Division of the American Astronomical Society in Monterey, CA)の会合で示された。

NASAのアラバマ州ハンツヴィルのマーシャル・スペース・フライト・センター(Marshall Space Flight Center in Huntsville, Ala.)は、ワシントンでNASAの科学ミッション理事職のためのチャンドラ・プログラムを管理している。

スミソニアン宇宙物理観測所(Smithsonian Astrophysical Observatory)は、チャンドラのマサチューセッツのケンブリッジ(Cambridge, Mass. )からの科学および航空業務をコントロールしている。

2012-02-06---超新星の残骸。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。