AD SPACE

2013-04-15

米国情報長官が初めて、サイバー脅威をトップと報告!

The Vergeは、サイバー脅威は、他の多くの機関の間で、CIAの調整を担当するNSAの米国国家情報長官ジェームズ・クラッパー(US national intelligence director James Clapper)によれば、アメリカが直面するナンバーワンのタイプの危険と言ったと報告した。

D0D(US Department of Defense/米国国防総省)は、アメリカに直面して、今日、最も重要なものとしてサイバー脅威の新しい分類を強調する新聞発表で対応した。

[AD] You can advertise on this site.

国防省のスポークスマンは「サイバーが、トップの脅威として引用されたことは、これが初めてのことです。」とThe Vergeに伝えた。

ジェームズ・クラッパーと他の職員は、今、過去数年の間サイバー脅威上の警報を鳴らしている。
また、この最新の脅威評価でさえ、ジェームズ・クラッパーは、「米国の重大な基盤システムに対する主なサイバーアタックの遠隔の機会が次の2年間である」と述べた。

昨年、イランは国家情報管理者によってナンバーワンの脅威とあだ名をつけられた。

もとは、下院諜報特別委員会(House Intelligence Committee)が2011年の終わりに導入され、論争の的になっているサイバーセキュリティー法案CISPA(Cyber Intelligence Sharing and Protection Act/サイバー諜報シェアリングと保護法)を進めることを票決したわずか数日後、このニュースは来た。

ジェームズ・クラッパーは、彼のステートメントで、法案を進める委員会を祝した。
また、法案の後援者は、中国、イランおよび他の場所でハッカーによって持ち出され、増すサイバー脅威に対して防御することが必要であると主張した。

しかし、プライバシー擁護派は、いくつかの最近の修正にもかかわらず、法案が会社にあまりにも広い能力をまだ与えるので、政府系機関と個人のWebユーザ ー情報を共有することができないという懸念を投げかけた。

法案は下院本会議と上院を可決し、法律になるために大統領によって署名されなければならない。
しかし、ホワイトハウスは、それがより厳密なプライバシー条件のないCISPAをサポートしないだろうと最近言った。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.