2013年04月17日

南極で火災の中国船籍から97人を救出。

AP通信は、中国の工場漁船が南極大陸の沖合で水曜に火災になったと報告した。
また、97人の乗組員がどんな環境被害も防ぐために動員されたチリ軍と、近くのノルウェーの船によって救出された。

乗組員は燃えているKai Xin号を遺棄し、チリの南極半島の北先端の近くのベルナルド・オヒギンス研究(Chile's Bernardo O'Higgins research)ベースの約34マイル(55km)からJuvelに乗って助けられた、とチリ人の職員が言った。

船は直ちに沈む危険にひんしていなく、必要ならば近くの船がそれを南極の海岸から遠ざけて牽引するかもしれない、と職員は言った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

チリの南極大陸部分のための海事政務官フアン・メルセロ・ビレガス隊長(Capt. Juan Marcelo Villegas, maritime governor for Chile's portion of Antarctica)は、それが耐航性のままだった限り、湾への船を曳航するために、チリ海軍がプンタアレナス(Punta Arenas)から引き船を送ることができると、南アメリカの南の先端の近くで、AP通信社に伝えた。
チリ空軍は、その条件を調べるために木曜日に別のフライトを準備していた。

チリ人の職員が、Kai Xin号は、ウルグアイの港を発ち、それがどれだけの燃料を運んでいるか知らなかった、とフアン・メルセロ・ビレガス隊長が言った。

「そのときは、天候はかなり好意的です。風はほとんどありません。また、海洋条件はよい、したがって、さしあたり、沈む切迫した危険はありません。」とフアン・メルセロ・ビレガス隊長が話た。

中国の国旗がパナマ船籍に立てられたSkyfrost船は、そのエリアに接近しており、救われた水夫を積み込むことができるだろう、と彼が言った。

チリの南極の基地は救われた乗組員を扱うことができなかった、とフアン・メルセロ・ビレガス隊長が言った。

彼は、中国の南極の基地チーフに通知されたと言った。

中国の外務省は即時のコメントがなかった。
しかし、公式新華社通信は、サンティアゴの中国の大使館が問題に関するチリ人の権威と接触中であると言った。

環境運動グループ・グリーンピース(Greenpeace)は、駄目にされた中国の船が南極の海岸から魚を釣ることを南極海洋生物資源保存委員会(Commission for the Conservation of Antarctic Marine Living Resources)によって認められた約50隻の船の国際的な艦隊の一部であると言った。

グリーンピースのために濫猟することに対するキャンペーンとして、ミルコ・シュバルツマン(Milko Schvartzman)は、電子メールで「燃えたこの中国の漁船は、オキアミ(krill)を捜す許可を持っている。」と言った。

彼は、グリーンピースが南極の魚釣りに反対したと言いました。

「それらは、海洋食物連鎖全体の根拠の一部を組織するオキアミを捜すことにより、生態系がどのように影響を受けるかもしれないか知りません」とミルコ・シュバルツマンが書いた。

大きな南極の海洋保護区の可能な生成について議論するために、その委員会はベルリンで7月に会合する。

ミルコ・シュバルツマンは、埋蔵量が「海洋に置かれた最も原始の地方のうちの1つを保護するだろう。」と言って、グリーンピースが承認のためにロビー活動をしていると言った。

こんな小さな船に97人も乗っていた。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。