gaYa広告

2013年04月17日

ヒトラー、トロツキー、チトー、フロイト、スターリンが同じとき、同じ場所に住んでいた。

BBC Newsは、1世紀前の不思議な歴史的スポットがあったと言い、オーストリアのウィーン(Wien/Vienna)の1つのセクションは、アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)、レオン・トロツキー(Leon Trotsky)、ジョーゼフ・チトー(Joseph Tito)、ジーグムント・フロイト(Sigmund Freud)およびヨゼフ・スターリン(Joseph Stalin)が住んでいたと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

1913年1月に、そのパスポートが名前スタヴロス・パパドプロス(Stavros Papadopoulos)を退屈させる人は、ウィーンの北の終着駅でクラクフ(Krakow)からの列車から降りた。

暗い様相で、彼は大きな農夫のような口ひげを誇示し、非常に頑丈な木製のスーツケースを持ていた。

「私はテーブルで座っていた。」「ドアがノックおよび未知人でいつ始まったとき、人は入りました。」数年後に会うために彼が来たとその人は書いた。

「彼は背が低かった...薄い...痘痕の後が残った彼のねずみ色がかった茶色の皮膚...私は、彼の目に友情に似た何も見出しませんでした。」
これらのラインの作家は、1つの反体制、ロシア、知性、プラウダ(Pravda/真実)と呼ばれる根本的な新聞のエディターだった。
彼の名前はレオン・トロツキー(Leon Trotsky)であった。

彼が記述した人は、本当のパパドプロスではなかった。

彼は生まれながらの名前はヨシフ・ビサリノビッチ・ドゥズガシュビリ(Iosif Vissarionovich Dzhugashvili)で、コバ(Koba)として友達に知られており、現在では、ヨゼフ・スターリン(Joseph Stalin)として記憶されている。

トロツキーとスターリンは、ばらばらになるために確かに1913年にウィーン中部で暮らし、その生活が、20世紀の多くで成型する運命であった多くの人のちょうど2人であった。

それは異種のグループであったた。

2人の革命家、スターリンとトロツキーは急いでいた。

ジーグムント・フロイトは既に長く身を落ち着けていた。

精神分析医で、人としての追随者によって高められ、都市のベルグガッセ(Berggasse)¥で実践され、実行され、心の秘密を開いた。

若いヨジップ・ブローズ(Josip Broz)は、後で、ユーゴスラビアのリーダー、マーシャル・チトー(Marshal Tito)としての有名になるために、ウィーンの南の町で、金銭と好況時、より良い職を探し、ヴィーナーノイシュタットのダイムラーの自動車工場(Daimler automobile factory in Wiener Neustadt)で働いた。

その後、美術のウィーン・アカデミー(Vienna Academy of Fine Arts)で描いて勉強する夢が2度打ち砕かれた、この人はそのとき、オーストリアの北西のドナウ川の近くのMeldermannstrasseに安宿で泊まっていた、24歳のアドルフ・ヒトラーがいた。

その時のフレデリック・モートン(フレデリック・モートンは)は、都市の彼の威厳のある喚起で、薄明かりでとどろき、ヒトラーが彼の同宿者に熱弁をふるうことを想像し、「モラル、民族純化、ユダヤ人のドイツの使命およびスラブの違約、イエズス会士およびフリーメーソン上で、彼の汚された手断片を描く、オペラのピッチで彼の音声が大気で上昇し、彼の前髪はトスする。」

「その後、ちょうど出発したのと同じくらい急に、彼は立ち止まった。彼は横柄な騒音と一緒に所持品を集め、キュービクル(cubicle)へ闊歩する。」

都市の不規則に四方へ張り出した王宮宮殿(Hofburg Palace)で、すべてを統轄していたのは老いた皇帝フランツ・ジョーゼフ(Emperor Franz Joseph)であった。
この人は1848の革命以来ずっと普及していた。

指定された後継者大公フランツ・ファーディナンド(Archduke Franz Ferdinand)は熱心に王座を待って、近くの見晴らし台宮殿(Belvedere Palace)に駐在した。

翌年の彼の暗殺は第一次世界大戦(World War I)の口火を切るでしょう。

1913年のウィーンはオーストリアハンガリー帝国の首都であった。
それは15カ国と、5000万人以上の住民から成っていた。

ウィーンに17年間住んでいるオーストリアで唯一の英語版月刊誌「Vienna Review, Austria」の編集長ダーディス・マクナミー(Dardis McNamee)は、「一方、正確でなく、るつぼ、ウィーンは帝国中からの大志を抱いているものを引きつけて、それ自身の一種のの文化的スープでした。」
「生まれて、都市の200万人の居住者の半分未満は在来で、4分の1に関して今のチェコ共和国西部ボヘミア(Bohemia)と、今の東チェコ共和国モラヴィア(Moravia)から来ました、その結果チェコ語、並んで話され、多くのセッティングにおいてドイツ語であった。」と言っている。

また、このユニークなメランジュ(unique melange)は、それ自身の文化的現象として、ウィンナ−・コーヒー・ハウス(Viennese coffee-house)を作成した。

その伝説は、1683年に失敗したトルコの包囲に続き、トルコ帝国の軍隊によって残されたコーヒーの袋の中にその起源を持っていた。

「1913」の著者とチャールズ・エマーソン(Charles Emmerson)が、外交政策シンクタンク「チャタム・ハウス(Chatham House)」での第一次世界大戦および上級のリサーチフェローの前で、世界を捜して「カフェ文化、およびカフェでの討論および議論についての概念は、今非常にウィーンの生活の一部になりました。」と言っている。

「ウィーンの知的コミュニティーは実際に全く小さかった。また、誰でも互いに知っていました、そして...文化的フロンティアを横切って、それが交換に提供される。」
「とても強力な中央の州を持っていませんでした。それは、恐らく少し水だらけのビットでした。もしあなたがそのとき多くの他の面白い人々に会うかもしれないヨーロッパの中に隠す場所を見つけたければ、ウィーンはそれをするのによい場所になるでしょう。」
これが政治的な反体制派と、それらに急いで賛成するだろうと彼は付け加えた。

フロイトのお気に入り生息地フロイトのお気に入り生息地カフェ・ラントマン(Cafe Landtmann)は、まだ今も都市の歴史的なInnere Stadtを囲む有名な大通りリング(Ring)上に立っている。

トロツキーとヒトラーはカフェに通い、中央のわずか数分の遠方への散歩、ケーキ、新聞、チェス、そして、とりわけ、話す、後援者の情熱であった。

「カフェを非常に重要にしたものの一部は、誰でも行けたということでした。」とダーディス・マクナミーが言った。

「したがって、その後非常に厳密になった事実境界には、訓練と利益を横切ってクロス肥沃化が中にあり、西洋で考えられた、非常に流動性だった。」

それを越えて、「ユダヤ人の知識階級からのエネルギーの可能性へと続くことの、急上昇および新しい財界人クラスだった。1867年にフランツ・ジョーゼフによってそれらが十分な市民権を与えられることと、学校と大学への十分なアクセスがあった。」と彼女は付け加えた。

また、これはまだ大部分は男性社会だったが、多くの女性はさらにインパクトを作った。

構成者の夫で1911年に死んだアルマ・マーラー(Alma Mahler)は、さらに構成者として、芸術家オスカー・ココシュカ(Oskar Kokoschka)と、バウハウスの建築家ウォルター・グロピウス(Walter Gropius)の詩神で恋人になった。

都市は、音楽があり、それと同義な残りがボールとワルツを浪費し、その暗黒面は特に寒々としていた。

その市民の莫大な数はスラム街に住んでいた。
また、1913は、ほぼ1,500人のウィーン人が自殺するのを見た。

誰も、ヒトラーが、トロツキーにばったり出会ったかどうか知らない。
あるいは、チトーはスターリンに会ったかも判らない。

しかし、フロイト博士のような作品は、ローレンス・マークおよびモーリス祖母による2007年のラジオ放送劇「ヒトラー)」は、そのような遭遇の活発な考えで、今あなたに会う。

翌年噴出した大火災は、ウィーンの知的生活の多くを破壊した。

世界史を永久にマークする経歴へ、ヒトラー、スターリン、トロツキーおよびチトーを推進している間、帝国は1918年に内部で破裂した。

「The Vienna of 1913」では、ソ連の独裁者ヨゼフ・スターリンは、トロツキーに会い、ニコライ・ブハーリン(Nikolay Bukharin)と、マルクス主義と民族問題を書いて、都市で一か月を過ごしました。

神経学者ジーグムント・フロイトは子どもの頃1860年にウィーンへ移転し、ナチ党がオーストリアを併合した後、1938年の中に都市を去った。

ナチ・リーダーのアドルフ・ヒトラーは、彼が画家として生活をしようと努力したところで、1908年と1913年の間にそこに生きたと考えられている。

ヨジップ・ブローズ、後のユーゴスラビアのリーダーになるマーシャル・チトーは、オーストリアハンガリーの軍隊に採られる前に金属細工師であった。

ロシアの革命的なレオン・トロツキーは約1907年から1914年までのウィーンで暮らし、新聞プラウダを始める。
The Truth BBC History(真実BBC史)では、アドルフ・ヒトラーの上昇を解説している。

有名人とその真実、そして想像が入り交じったこんな面白い本が出版されている。

そう言えば、ある会社の社長の通訳として、ウィーンに行ったとき、その社長が、映画「第3の男」に出てくるカフェ・モザールに行きたいというので、探したが一切見つからず、困っていたが、その言葉をアルファベットにしてCafe Mozar」と書いて、もしかして有名な「」Cafe Mozar(カフェ・モーツアルト)」ではないかと思い、連れて行ったら、感激していたことを思い出す。
また、寒いウィーンで喫茶店に入ろうというと、何で喫茶店なのかと言い出したが、取りあえず中に入って、テーブルにあったラム酒をお茶に入れたら、こんな裏の手があるのかと、喜んでいた。
その社長も昨年死去したと風の便りで聞いた。

フロイトのお気に入り生息地カフェ・ラントマン(Cafe Landtmann)のGoogle Earthポインター情報
48°12'41.16"N,16°21'41.45"E
または、
48.211433, 16.361514

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告