gaYa広告

2013年04月17日

グリーンランドのバフィン島、デービス海峡。

NASAは、局地探査のIceBridgeは、週末の2日間を取り除く前に東グリーンランドのゲーキー半島(Greenland's Geikie Peninsula)の著しい景観(landscape of eastern Greenland's Geikie Peninsula)に関するフライトおよびカナダの氷冠に関する調査で、その北極のキャンペーンの4週目を実行した。

すぐに、2013の北極圏飛行を終了するために、ミッションはテューレ(Thule)へ返ることになる。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

2013年4月12日の午前は、P-3Bが西へデービス海峡(Davis Strait)を横切って、カナダのバフィン島(Canada's Baffin Island)へ、フライトのために離陸した。

カナダで最大のこの島は、ペニー氷冠(Penny Ice Cap)として知られている氷生成の本拠地である。

このミッションは、1995年、2000年および2005年に空輸されたATMとレーダーのチームによる航空探査の繰り返しで、ICESatグランド・トラックに沿って新しいサーベイラインを加えた。

前の航空探査は、そのエリアでペニー氷冠がどのように多く近年溶かされたか確かめるためにいくつかの氷河を測定することを目指し、エリアと4月12日のミッションで退却する氷冠間伐および氷河を示した。

この写真は、背景のデービス海峡を備えたバフィン島の氷で覆われたフィヨルドを捕らえた。

Image Credit: NASA/Michael Studinger

これらの写真を見る限り、グリーンランドではグリーンが見られないというのが事実なのかも知れない。
ただし、化石には氷河がなかった頃のグリーンの跡が残っているかのしれない。
私は昔から、石(Stone)が大好きである。

デービス海峡(Davis Strait)のGoogle Earthポインター情報
69° 3'28.35"N, 62°51'46.18"W

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。