2013年04月17日

グリーンランドのバフィン島、デービス海峡。

NASAは、局地探査のIceBridgeは、週末の2日間を取り除く前に東グリーンランドのゲーキー半島(Greenland's Geikie Peninsula)の著しい景観(landscape of eastern Greenland's Geikie Peninsula)に関するフライトおよびカナダの氷冠に関する調査で、その北極のキャンペーンの4週目を実行した。

すぐに、2013の北極圏飛行を終了するために、ミッションはテューレ(Thule)へ返ることになる。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

2013年4月12日の午前は、P-3Bが西へデービス海峡(Davis Strait)を横切って、カナダのバフィン島(Canada's Baffin Island)へ、フライトのために離陸した。

カナダで最大のこの島は、ペニー氷冠(Penny Ice Cap)として知られている氷生成の本拠地である。

このミッションは、1995年、2000年および2005年に空輸されたATMとレーダーのチームによる航空探査の繰り返しで、ICESatグランド・トラックに沿って新しいサーベイラインを加えた。

前の航空探査は、そのエリアでペニー氷冠がどのように多く近年溶かされたか確かめるためにいくつかの氷河を測定することを目指し、エリアと4月12日のミッションで退却する氷冠間伐および氷河を示した。

この写真は、背景のデービス海峡を備えたバフィン島の氷で覆われたフィヨルドを捕らえた。

Image Credit: NASA/Michael Studinger

これらの写真を見る限り、グリーンランドではグリーンが見られないというのが事実なのかも知れない。
ただし、化石には氷河がなかった頃のグリーンの跡が残っているかのしれない。
私は昔から、石(Stone)が大好きである。

デービス海峡(Davis Strait)のGoogle Earthポインター情報
69° 3'28.35"N, 62°51'46.18"W

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

gaYa広告