2013年04月17日

40歳代の前立腺癌テスト。

美容と医学の科学

BBC Newsは、人は40歳代の終わりに前立腺癌(Prostate cancer)のためにスクリーニングテストを提示されるべきである、と研究者が言ったと報告した。

良性のものに対する、不適当な心配および処理さえ引き起こす場合がある偽陽性結果を放棄して、PSA(prostate specific antigen前立腺特異抗原)試験の信頼性が低くなりうるように、その考えは論争の的になっている。

しかし、スウェーデンのチームは、45-49歳のすべての人のチェックがすべての前立腺癌死のほぼ半分を予言するだろうと言った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

それらの発見はBMJの中で、21,000人を超える人に関する研究から来た。

What happens to older men after a screening test for prostate cancer?
BMJ 2013; 346 doi: http://dx.doi.org/10.1136/bmj.f2421 (Published 17 April 2013)
Cite this as: BMJ 2013;346:f2421

イギリスに前立腺癌の型通りの検査計画はない。

それらが望む場合、50歳より上の人は、NHSの無料のPSA検査を要求することができる。

ヨーロッパの最近のERSPC(recent prostate cancer screening trial in Europe前立腺癌検査試み)は、検査が死亡率を20%引き下げたことを示した。

しかし、これは処理上にハイ・レベルに関係していた。
1つの命を救うために、前立腺癌の48の追加の症例を扱う必要があった。

2010年に、イングランドのイギリス国立適格審査委員会(UK National Screening Committee in England)が最後に問題を調査した時、それは検査が導入されないと再び決定した。

しかし、スウェーデンのルンド大学と米国のメモリアル・スローン・ケタリングがんセンターの教授ハンス・リリア(Prof Hans Lilia and colleagues from Lund University in Sweden and the Memorial Sloan-Kettering Cancer Center in the US)および、その同僚は、型通りのPSAの試験のための強い場合があり、40歳代の終わりの中の人が最有力候補者である、と言った。

それを証明するために、1974年〜1984年にスウェーデンで、27-52歳のの21,277人男性間で行なわれた研究をふり返って見た。

その人たちはみな研究の最初に血液サンプルを寄贈した。

研究者は、PSA検査を実行するためにこれらの格納されたサンプルを使用した。

その後、結果を備えて、それらは見るためにチェックしました場合、PSA、読む、何が臨床の結果の点からその人たちの身にふりかかったか予測した。つまり、前立腺癌になる高い/陽性のPSAの結果を備えたものがいた。

高いPSAは前立腺癌の増加した危険とリンクされた。

その後、研究者は、人が遮られるべき最高の時代があったかどうか確かめるために結果をチェックした。

45歳未満の検査は、若すぎるため、致命的な癌をあまりほとんど検知しなかった。

また、人の50歳の誕生日の後まで検査を遅らせることはあまりにも多数が遅すぎるように思えた。

しかし、45-49歳のときに人を遮ること、次に致命的だった癌のほぼ半分(44%)を見つけた。

研究では、その人たちのうちの1,369人は前立腺癌を持っていた。
241は進行疾患を持っていた。
また、162人がそれで死んだ。

彼らは、人がみな40歳代後半にPSA検査を提示されるべきであると言った。

高い結果を備えたものは、頻繁な検査およびチェックまた必要ならば処理のために返ることになる。
その一方で正常な結果を備えたものは、それらの次のPSA検査を50歳代の初めまで待つことができた。

「すべての人の少なくとも半分は、一生の3つのPSA検査だけの低い危険および恐らく必要にあることとして識別することができます。」と彼らが英国医学雑誌の中で言っている。

「それらの中の早期癌検出検査が早期検診で利益を得ることをまだ最も恐らく可能にしている間、これは、過剰診断の危険を減らすでしょう」と彼らが言った。

公衆衛生イングランドでプログラムをスクリーンするNHSのディレクターアンネ・マッキー博士(Dr Anne Mackie, Director of NHS Screening Programmes at Public Health England)は、それらが3年単位で利用可能な最良・最多の最新情報にNHSによって提示されたプログラムが基づくことを確かめるために、遮ることを立証する証拠を調査したと言った。

彼女は、彼らがBMJ研究の結果を考慮するだろうと言った。

「私たちは、前立腺癌の検査計画のための予定された調査が現在進行中で、2013年の終わりごろ推薦をするでしょう。」と彼女が言った。

Prostate Cancer UKは、その病気のためのよりよいスクリーニングテストを見つけることに、より多くの研究努力が向けられるべきであると言った。

そう言えば、キール大学の医学部教授で、まず肛門に指を入れる人がいて、おかしんじゃないかと言っていたが、まず前立腺癌のチェックをしていたんだ!

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。