gaYa広告

2013年04月17日

ロバート・アトキンズが死んで10年、炭水化物との永久の戦い。

BBC Newsは、ロバート・アトキンズ(Robert Atkins/1930 -2003)がニューヨークで死んでから10年後、彼の有名な食事計画はまだ果てしない論争の源になっていると報告した。

「炭水化物はあなたを太らせます。」
ロバート・アトキンズ博士が体重を意識した素人の心に1つのメッセージをしみ込ませていれば、それはこれであった。

彼の死の10年後に、まだ人々がすべての球状の根としてパン、パスタおよびじゃがいもを攻撃するのを聞く。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

最初に1972年に考案されたアトキンス式ダイエットは、しかし、彼の2番目の本によって有名になって、アトキンズ博士の新しいダイエット革命は、2002年に、徹底的に縮小された炭水化物摂取を主張した。

代わりに、彼の高蛋白食の追随者は無制限の肉、卵、チーズ、魚介類を食べることができた。

アトキンズは、あまりにも多くの炭水化物が血液に、脂肪として組織でその砂糖を格納するために身体のキャパシティーを増加させるホルモンのインシュリン(insulin)の放出を促し、血中の糖レベルを上げたと言った。

彼はそれがエネルギーを得て、、ケトーシス(ketosis)として知られているプロセスで、脂肪蓄積を焼くことを強いられたようにカ炭水化物の身体を飢えさせることを主張した。

2003年のその人気の頂点に、イギリスで約300万人が食事を試みた。
試みた
米国では、伝えられるところによれば、11人のうち1人がそれを。

有名人ファンには、ジェニファー・アニストン(Jennifer Aniston)、デミ・ムーア(Demi Moore)およびキャサリン・ゼタ=ジョーンズ(Catherine Zeta-Jones)を含んでいた。

アトキンズの本は、1500万部より多く世界的で売って、ほとんど6年間ニューヨークタイムズ・ベストセラー・リスト上のトップ10(top 10 on The New York Times bestseller list)の中にあった。

低炭水化物のビール、低炭水化物のパンのような低炭水化物の製品の動揺があった。

米国では、伝えられるところによれば、肉消費が上昇した一方、小麦とじゃがいもの販売は食事熱によって打たれた。

しかし、耳ざわりな批評家がいた。

陰性のヘッドラインは含んで「高蛋白食の腎臓損害。」「アトキンズは『不機嫌にあなたを入れることができる』」、「肥満の患者はアトキンズに近づかないように警告した。」また、「アトキンズは糖尿病を引き起こすことができました。」
研究に反対の研究があった。

ヘッドラインのように「安全で、有効なセレブリティー食事」また、「2つの研究が、アトキンス式ダイエットが愛するのを支援するかもしれないことを示す」陽性のストーリーの典型であった。

誰が低脂肪の高炭水化物食を推奨していたかが、正統の栄養学者に逆らったので、アトキンズの助言は論争の的になっていた。

彼の死さえ、2003年に、論争のための焦点になった。

舗道上でスリップした後に、保持された頭部外傷が彼の健康の状態で、食事に関連した問題の証拠のために吟味された後、アトキンズは2003年04月17日に死亡した。

批評家は、2002年の心臓発作が貧弱な食事の証拠であると言った。

アトキンズはこれを否定した。

さて10年後、低炭水化物ダイエットは分割し続けている。

米国式で、最大に問題は楽して、ダイエット!

2013-04-01---コカ・コーラ、新しいGlaceau水の風味をエイプリルフールに売り出す!
2013-02-12---コカ・コーラの飲み過ぎで、ニュージーランド人が死亡!?
2013-02-01---不健康な学校から、より健康な学校へ。
2013-01-15---コカ・コーラはテレビ広告で、肥満は良くないと言った。
2012-05-31---ブルンバーグ市長とビッグ・サイズ・ソーダの戦争勃発!
2012-05-24---自炊すると寿命が延び、外食すると寿命が---
2012-05-19---ダイエットしないと罰を与えるアプリ登場!
2012-05-11---睡眠不足は肥満のもと!?
2012-03-28---癌の半数は生活習慣の改善で予防可能?
2012-03-22---肥満は、脳を衰退し、65歳以上の3人に1人は痴呆で死ぬ。
2012-02-08---超高カロリー料理研究家の糖尿病隠し!
2012-02-08---大食いの友人が、健康にもっとも危険!
2012-01-06---人間にとって、ビール腹はもっとも不幸!
2012-01-04---デブから稼ぐ!現代ビジネスの現場。
2011-12-20---食事が少ないと、脳を若く保つ!?
2011-11-01---インドで急増している太鼓腹の太りすぎ!
2011-09-07---危険な調査結果!マリファナ常用者は、肥満になりにくい!?
2011-08-25---米国で2030年までに、 1億6,400万人がデブ!
2011-08-16---テレビはゆっくり、あなたを殺している!?
2011-07-10---なぜ、アメリカ人は早死にか?
2010-10-26---あまりに早すぎる思春の少女は、肥満になる?
2010-04-06---「でぶ」遺伝子との戦い方!
2010-01-25---日本はジャンクフード広告規制後進国。
2008-05-26---米国の女性、病気より体重が怖い!

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

gaYa広告