on-the-time.jp

2013年04月16日

ブレーントリーはオフライン・ペイメントに警戒。

モバイル・マネー

mobile World Liveは、米国ベンダーであるブレーントリー(Braintree)は、ユーザーがモバイル・デバイスからオンライン・トランザクションを作ることを可能にする際にその存在を構築しているが、オフライン・ペイメントに関するその戦略に用心深いと報告した。

ブレーントリーの全容積は年率ベース上で扱うUS$80億のオンライン・トランザクションで、約US$20億がモバイル・デバイスから来ている。
また、それはプロセスで最も急成長している部分でもある。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

しかし、そのモバイル処理はすべて現在、ブレーントリーの意図中の産業利益は、オンラインに従っている。

ブレーントリーのモバイル部長Aunkur Aryaは、「オフラインで、調査するべきあるポイントで面白いかもしれないものがあります。しかし、オンライン・コマースにこれほど多くの機会があります。」と言っている。

ブレーントリーは、主要な小売り業者と仕事をするモバイル・アプリ開発者Branding Brandとの協力を発表した。

ブレーントリーが、Branding Brandのクライアントにアプリケーション内のペイメントを供給することができる取り引きは、恐らく、それらが多くの主要な小売り業者を含むのを作る。

そのような動きは、Aunkur Aryaが指摘するとともに、クラウドによって、多くのそのような報酬を扱うことができるが、それが自然な進行に見えるので、主要な小売り業者に対するオフライン報酬を扱うことへの動きにブレーントリーが興味を持っているかどうかという問題を促した。

将来に、広く予言された場合、オフラインおよびオンライン決済は、ますますそのとき確実に合併し、それが、クライアントが望むものになるので、ブレーントリーはオフライン世界にも足を入れるに間違いないのか?
Aryaは、いくつかのクライアントがこの種のシームレスの戦略を必要とするかもしれないと言うことが公平であると答えた。

さらに、彼は、ハンドルにPOSシステムの処理をもたらすLevelUpでそれが既に作動していることを指摘した。

Venmoタッチ(Venmo Touch)と呼ばれるブレーントリーのペイメント・システムはたった今βから出て来ており、今、すべてのベンダーの既存客に利用可能になっている。

それは、米国だけで、現在利用可能である。

アンドロイドのバージョンがまもなく来るだろうとAryaは言ったが、アプリは現在、iOSデバイスだけで利用可能である。

2013-04-08---ブレーントリーは小売市場を見ている。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する日付

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。