AD SPACE

2013-04-12

Twitterとアップルは、音楽スペースに移動。

TechCentralは、伝えられるところによれば、アップルがSpotifyとパンドラを引き受けるためにストリーミング音楽スペースに入る前に、主なラベルを備えた取り引きを終了させている間、ソーシャル・ネットワーキング・サイトTwitterが今週末新しい音楽発見適用を始めると予想され、それはiTunes Storeに対する高まっている脅威になると報告している。

デジタル音楽を分配する際に運を作らなければならない。

それが最近の10年間ダウンロード可能な音楽の最も大きな販売者になった時、アップルはiTunesでこれを実証した。

しかし、世界の景観は変わった。
そして、音楽中の2つの新しいバズワードは「streaming」と「discovery」になった。

Twitterとアップルは、両方がそれに注意を払っている。

[AD] You can advertise on this site.

その有利なiTunesを取り外さないようにするために、可能な間ストリーミング・スペースに入ることから恐らく遠ざけられたアップルは、ビジネスをダウンロードしている。

しかしSpotifyとパンドラのようなサービスでは特に、それらの予約に基づいた流れる提供物を持った消費者上の勝利、アップルの音楽所有権、モデル化することが、旧式だったように見えていると言っている。

伝えられるところによれば、メディアによってiRadioとあだ名をつけられて、アップルは、ストリーミングのためのライセンス協定のまわりのユニバーサル・ミュージック・グループおよびワーナー・ミュージックとの交渉中であった。

新しいサービスで、それは、音楽発見ツールとして働くことになっている。アップルが望む一つは、ダウンロードのために購入された音楽を押し上げて、近年出現した多数の流れるサービスの攻撃をかわすためにストリーミング・コンポーネントを持つためにセットをした。

Twitterはその間に、それ自身の音楽サービスを始めるところである。

それは今週末スタンド・アロンの音楽アプリを始めている。

アプリは、ユーザーがついていく芸術家あるいはツイーツをほぼ含むツイッターから収集された情報に基づいた芸術家とトラックを推奨する音楽発見サービスになる。

AllThingsDは、ユーザーがiTunesとSoundCloudのように「サードパーティー・サービスを利用して、アプリの内部から、音楽のクリップを聞くことができ」Bebo、ユニバーサル・ミュージックによって所有されたミュージック・ビデオ・サービスおよびソニーによってビデオが提供されるのを見ることができるだろう、と木曜日に報告した。

「私たちは、wearehunted.comをシャットダウンしている間、ツイッター・チームの一部として、あなたを喜ばすサービスを作成し続けるでしょう。Twitterと音楽がともにうまくいくことに疑問はありません。」と言っている。

Music.twitter.comは、ユーザーがそれに尋ねるポップ・アップと契約を結ぶことを可能にし、それらは、Twitterアカウントにアクセスするために「Trending Music Web」を認可する。

今週末のカリフォルニアで行なわれる毎年の音楽イベントコーチェラ・フェスティバル(Coachella Festival)中で、新しいサービスが始められるかもしれないことが報告された。

先日まで、iTunesこそトップであったが、それがもう古く見え始めた。

2013-04-12---Twitter、音楽サービス獲得のヒントと、その動き!

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.