gaYa広告

2013年04月16日

自然は凄すぎる!世界最大の蝶のコレクション!

BBC Newsは、ロンドンの自然史博物館(London's Natural History Museum)には、何百もの年にわたって集められた450万の蝶の標本があると報告した。

Butterfly beauty(蝶美)

それは世界で最も大きな蝶のコレクションである。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

ここでは、博物館がその正面の芝生の上で、実際の驚異的な蝶の展示のために、何百ものサナギがぶら下がっているのを見ることができる。

それは、まるで蝶のサナギでできた仕掛け花火のように、毎日どんどん、蝶になっていく、巨大スペクタクルが展開する。

スタッフは世間の目から通常安全に蓄えられて、最も貴重な標本のうちのいくつかに、BBCニュースへアクセス権を与えた。

ブランカ・ウェルタは、自然史博物館の蝶学芸員(Blanca Huertas is the butterfly curator at the Natural History Museum)で、ルーク・ブラウンは、博物館の蝶劇場ディレクター(Luke Brown is the museum's butterfly house manager)である。

この驚異的なバ蝶劇場は2013年9月15日まで、ロンドンの自然史博物館で見ることができる。

最近、私は老子の本を読んでいる。
自然に勝とうとするのではなく、同化すべきである。

岐阜には、名和昆虫博物館があり、同じ校区であり、近いので子供の頃から良く出かけた。
昆虫で判らないことがあると、すぐに訪ねて、いろいろ教えていただいた。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告