on-the-time.jp

2013年04月16日

韓国、経済成長に拍車をかけるUS$153億の刺激策。

BBC Newsは、韓国は、激しく費やすことにより経済成長を押し上げようと17兆3000億ウォン(US$153億)刺激策を明らかにした最新のアジアの国になったと報告した。

資金は、中小規模の輸出業者を助けて、仕事を生み出し、停滞した不動産市場を押し上げ、税収不足をカバーするために使用される。

韓国は弱い輸出品と抑制された内需によって苦しんでいた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

その動きが今年、0.3のパーセンテージ・ポイント分の成長を後押しし、かつ40,000の仕事を生み出すのを支援すると予想されている。

野村経済学者Kwon Young-sunが、
「これは大いに必要な動きです。」
「それは成長を本質的に後押ししないかもしれませんが、それが直面している様々な圧力および挑戦の中の中期の節約を保持するのを支援するでしょう。」と言った。

大蔵省が当期の成長予測を、経済が3%のその当初予想から下降して、2013年に2.3%ずつ増加することを予期すると言ったわずか数週間後、その動きは起こった。

成長の最も大きな邪魔は輸出品での減速であった。
それは、国の経済生産高の合計のほとんど半分であった。

出荷は、米国とユーロ圏のような市場の需要薄によって打たれた。

同時に、通貨市場の最近の変動は、セクターの一層の減速に対する懸念を引き起こした。

韓国のウォンは、5月以来ずっと米ドルに対してほぼ10%高くなって、その輸出品を外国の買い手に、より高価にしている。

それらが家へ戻る外国の所得を本国へ送還する場合、強い通貨は、さらに輸出者の利益を傷つけた。

ウォンにおける利得のための主なトリガーは重く、その刺激と支出の計画を押し上げる日本の決定であった。

その新しい政策の中心で、輸出品を押し上げることを望んで円安を達成している。

日本の円は、昨年11月以来ずっと米ドルに対してほぼ20%安くなった。

日本と韓国が同様の市場で競争するので、韓国の製品が通貨の動きの結果、大きく負けるかもしれないという恐れがある。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する外部のサイト