on-the-time.jp

2013-04-16

オバマ大統領の応援団による四半期業績最新版を公開。

オバマ大統領の応援団FactCheck.orgは、オバマ大統領のオバマが就任して以来、仕事から負債、そして石油生産まで、どのように変わったかをチャートにした四半期業績最新版「Obama’s Numbers (Quarterly Update)」を公開したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

その要約として、ここまで調査して、バラク・オバマの大統領職で、いくつかの重要な統計的尺度を発見したとして、箇条書きにしている。

・彼の前任者ブッシュ大統領の全8年でとったよりオフィスより、オバマがのオフィスでは、経済はより多くの仕事を加えた。
・改善された経済にもかかわらず、食料引換券援助を受ける人々の数は増大し続けた。また、今、任意の単一の前のブッシュ大統領よりオバマの下で回転し、より多くの人々が食料引換券に加えられた。
・オバマの下の連邦支出は、インフレより速く成長したが、ブッシュ大統領の下でそれよりはるかにゆっくり行った。
・オバマが就任して以来、公によって抱えられた連邦負債は、90%ずつ増加した。
・独立した評価によれば、オバマは、パキスタンとイエメンの隠密の矛盾の中で、ブッシュよりより無人飛行機攻撃drone strikesを7回多く命じた。
・国内の石油生産は急上昇した。
石油輸入は、3分の1に落ち。新車は17%をより多く得ている。
また、風力発電とソーラーパワー発電は、157%増加した。

これらは、オバマ大統領職のキー統計指標の一連の規則的な四半期の最新版として、最初から出現する洞察のうちのいくつかである。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE