on-the-time.jp

2013-04-12

ビルマの暴動で、金の店のイスラム教徒を投獄。

2013-03-22

BBC Newsは、ビルマの法廷は、40人以上を死亡させた集団暴力行為における彼らの役割のため、刑務所で14年の刑を3人のイスラム教徒に宣告した。

金の店の所有者、その妻および従業員は、木曜日に窃盗と攻撃の有罪判決を下された、と報告書が述べているた。

メイティラ(Meiktila)の金の店での論争はビルマのイスラム教徒および仏教徒コミュニティーとの致命的な衝突を引き起こしたと思われる。

暴力は他の町へ広がり、夜間外出禁止令に結びついた。

[AD] You can advertise on this site.

衝突が2013年03月20日に始まって以来、12,000人を超えるイスラム教徒が家から追い出された。

イスラム教の近隣全体が破壊された。

店での金のヘア・クリップでスタートしたと言われていた。

また、伝えられるところによれば、店主は顧客であった仏教徒の頭を攻撃し始めた。

仏教徒僧に対する攻撃はこれに続き、この人はその後、町病院で死亡した。

事件のニュースは、集団暴力行為からスパークした。
また、非常事態はメイティラおよび3つの他の町で課された。

州検察官は、彼らが仏教徒とイスラム教徒の両方を含む不安で、申し立てによると関与する多数の人々に対して、いくつかの事件を構築していると言った、とAP通信社が報告します。

先月、ビルマのテイン・セイン(Thein Sein)大統領は、信頼間の憎悪の誘発からの「政治的な日和見主義者および宗教の過激派」を止めるのに必要ならば、政府が力を使用するだろうと警告した。

「暴力の犯人は、みな法律の最も十分な程度まで起訴されるでしょう。」と彼が言った。

矛盾は昨年Rakhineの暴力以来最悪の事態になった。
そこでは、ほぼ200人が死亡した。
また、何万もそれらの家から追い出された。

Rakhineで噴出した矛盾は、仏教徒とロヒンギャ・イスラム教徒(Rohingya Muslims)を含んでいました。
彼らはビルマの市民と認められていない。

多くのロヒンギャが、最近の数か月にビルマで迫害されていると彼らが言うことを避けた。

原因は、店での金のヘア・クリップと言う、実にくだらないことで、40人以上を死し、14年の刑という、どこからこの森解しがたい。

2013-03-22---仏教徒とイスラム教徒の戦闘で、ビルマの町メイティラに非常事態宣言。

ビルマの町メイティラ(Meiktila)のGoogle Earthポインター情報
20°52'0.90"N,95°50'37.89"E
または、
20.866917, 95.843858

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.