2013-04-12

ギリシャの空港で金と銀を「密輸」するドイツ人男性逮捕。

BBC newsは、空港役人によれば、ドイツ人男性は、申し立てによると、ほぼ0.5トンの金・銀をギリシャから密輸しようとした後に、アテネ国際空港(Athens International Airport)で逮捕された。

容疑者は、ドイツのルフトハンザ(Lufthansa)でフライトを準備をしていた。

航空会社は、貨物専用コンテナ中で銀のタブレットの覆いを取った。
また、税関検査官は次に金と銀行券を見つけた。

れは、ドイツがナチの占有から生じる戦時賠償をまだ負うというギリシャによるクレームに続いた。

BBCのアテネの特派員マーク・ローウェン(Mark Lowen)は、逮捕のタイミングがドイツ・ギリシャの関係には不運であると言った。

権威によってとらえられた金、銀および現金が70年前に略奪された金銭のためのクレームと全く等しいとは限らないかもしれない一方、今日のニュースはいくつかの不快なヘッドライン対応する発言に向かうかもしれない。

法的な会議が今週、ギリシャでそのために国がどれだけの補償に尋ねているかの詳細で秘密報告書を受け取った。

量は2000億ユーロまであるかもしれないし、ドイツの軍隊によってギリシャ銀行から受け取られた金銭を含んでいる、と考えられている。

ドイツの財務大臣ヴォルフガンク・シャウベル(German Finance Minister Wolfgang Schäuble)は、その経済の改良に、ギリシャが注目するべきであると言ったとドイツのメディアによって伝えられた。

彼は、戦時賠償の問題が数年前に解決されたと言った。

アテネ国際空港で逮捕された人は、荷物中に現金に入れて7kgの金のタブレット(15lbs)およびほとんど300,000ユーロを運んでいると言われていた。

税関検査官は、さらにもう425kgの銀を密輸出することを彼が試みたと言っている。

ギリシャの警察内の情報筋は、その人のマネーローンダリングに含まれる任意の暴力団へのリンクに調査が注目するだろうとBBCに伝えた。

金融犯罪ユニットは今、その場合を引き継ぐことになる。

オフィサーは、アテネのビジネス・アドレスを調査している。