2013年04月12日

最初のスペースシャトルの打ち上げは、1981年04月12日。

NASAは、1981年04月12日にスペースシャトル・コロンビア(Space Shuttle ColumbiaすなわちSTS-1)がNASAのフロリダのケネディー宇宙センター(NASA's Kennedy Space Center in Florida)からの軌道へ高く打ち上げられた時、宇宙飛行の新時代は始まったと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

1972年に月の上の歩行を含む前4つの宇宙飛行のベテランの宇宙飛行士ジョン・ヤング(Astronaut John Young)は、ミッションを支配した。

海軍のテスト・パイロットであったパイロットであったボブ・クリッペン(Bob Crippen)はミッションを操縦し、その後、3回のシャトル・ミッションを支配した。

シャトルは人類の最初の再使用可能な宇宙船であった。

ロケットと地上の航空機のように、オービターは発射する。

海洋で回復される後、宇宙にそれらを押し込むのを支援した2つの固体ロケットブースターも再度使用される。

重い外部燃料タンクだけが地球へ落とされるとともに、燃え尽きる。

それはすべて宇宙輸送システムとして知られていた。

歴史的な打ち上げの20年に先立って、1961年4月12日に、ロシア人宇宙飛行士ユーリー・ガガーリンがボストーク I(Vostock I)宇宙船で地球の周囲を回る、最初の人間になった時、人間の宇宙飛行の時代は始まった。

その飛行は、108分続いた。
ここで公開された写真は、STS-1の打ち上げ時が計測されている、コンプレックス39発射台A(Launch Pad A, Complex 39)で、夜に宇宙船と支援機能を光の時間空想に変えた。

シャトルの左側の構造は、固定し、回転式整備塔(fixed and the rotating service structure)ということである。

Image Credit: NASA

ただし、この再利用という発想が、経済的に合理的ではなく、さらに事故の原因でもあった。

NASAのフロリダのケネディー宇宙センター(NASA's Kennedy Space Center in Florida)のコンプレックス39発射台A(Launch Pad A, Complex 39)のGoogle Earthポインター情報
28°36'28.93"N,80°36'14.73"W
または、
28.608036, -80.604092

1981-04-12---スペースシャトルの第1号機コロンビアが打ち上げられた。
1981-04-12---スペースシャトル・コロンビアの処女飛行の写真!
1981-04-12---スペースシャトル、最初のミッション「STS-1」の打ち上げ!

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト