gaYa広告

2013年04月12日

最初のスペースシャトルの打ち上げは、1981年04月12日。

NASAは、1981年04月12日にスペースシャトル・コロンビア(Space Shuttle ColumbiaすなわちSTS-1)がNASAのフロリダのケネディー宇宙センター(NASA's Kennedy Space Center in Florida)からの軌道へ高く打ち上げられた時、宇宙飛行の新時代は始まったと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

1972年に月の上の歩行を含む前4つの宇宙飛行のベテランの宇宙飛行士ジョン・ヤング(Astronaut John Young)は、ミッションを支配した。

海軍のテスト・パイロットであったパイロットであったボブ・クリッペン(Bob Crippen)はミッションを操縦し、その後、3回のシャトル・ミッションを支配した。

シャトルは人類の最初の再使用可能な宇宙船であった。

ロケットと地上の航空機のように、オービターは発射する。

海洋で回復される後、宇宙にそれらを押し込むのを支援した2つの固体ロケットブースターも再度使用される。

重い外部燃料タンクだけが地球へ落とされるとともに、燃え尽きる。

それはすべて宇宙輸送システムとして知られていた。

歴史的な打ち上げの20年に先立って、1961年4月12日に、ロシア人宇宙飛行士ユーリー・ガガーリンがボストーク I(Vostock I)宇宙船で地球の周囲を回る、最初の人間になった時、人間の宇宙飛行の時代は始まった。

その飛行は、108分続いた。
ここで公開された写真は、STS-1の打ち上げ時が計測されている、コンプレックス39発射台A(Launch Pad A, Complex 39)で、夜に宇宙船と支援機能を光の時間空想に変えた。

シャトルの左側の構造は、固定し、回転式整備塔(fixed and the rotating service structure)ということである。

Image Credit: NASA

ただし、この再利用という発想が、経済的に合理的ではなく、さらに事故の原因でもあった。

NASAのフロリダのケネディー宇宙センター(NASA's Kennedy Space Center in Florida)のコンプレックス39発射台A(Launch Pad A, Complex 39)のGoogle Earthポインター情報
28°36'28.93"N,80°36'14.73"W
または、
28.608036, -80.604092

1981-04-12---スペースシャトルの第1号機コロンビアが打ち上げられた。
1981-04-12---スペースシャトル・コロンビアの処女飛行の写真!
1981-04-12---スペースシャトル、最初のミッション「STS-1」の打ち上げ!

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト