gaYa広告

2013年04月12日

最初のスペースシャトルの打ち上げは、1981年04月12日。

NASAは、1981年04月12日にスペースシャトル・コロンビア(Space Shuttle ColumbiaすなわちSTS-1)がNASAのフロリダのケネディー宇宙センター(NASA's Kennedy Space Center in Florida)からの軌道へ高く打ち上げられた時、宇宙飛行の新時代は始まったと報告した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

1972年に月の上の歩行を含む前4つの宇宙飛行のベテランの宇宙飛行士ジョン・ヤング(Astronaut John Young)は、ミッションを支配した。

海軍のテスト・パイロットであったパイロットであったボブ・クリッペン(Bob Crippen)はミッションを操縦し、その後、3回のシャトル・ミッションを支配した。

シャトルは人類の最初の再使用可能な宇宙船であった。

ロケットと地上の航空機のように、オービターは発射する。

海洋で回復される後、宇宙にそれらを押し込むのを支援した2つの固体ロケットブースターも再度使用される。

重い外部燃料タンクだけが地球へ落とされるとともに、燃え尽きる。

それはすべて宇宙輸送システムとして知られていた。

歴史的な打ち上げの20年に先立って、1961年4月12日に、ロシア人宇宙飛行士ユーリー・ガガーリンがボストーク I(Vostock I)宇宙船で地球の周囲を回る、最初の人間になった時、人間の宇宙飛行の時代は始まった。

その飛行は、108分続いた。
ここで公開された写真は、STS-1の打ち上げ時が計測されている、コンプレックス39発射台A(Launch Pad A, Complex 39)で、夜に宇宙船と支援機能を光の時間空想に変えた。

シャトルの左側の構造は、固定し、回転式整備塔(fixed and the rotating service structure)ということである。

Image Credit: NASA

ただし、この再利用という発想が、経済的に合理的ではなく、さらに事故の原因でもあった。

NASAのフロリダのケネディー宇宙センター(NASA's Kennedy Space Center in Florida)のコンプレックス39発射台A(Launch Pad A, Complex 39)のGoogle Earthポインター情報
28°36'28.93"N,80°36'14.73"W
または、
28.608036, -80.604092

1981-04-12---スペースシャトルの第1号機コロンビアが打ち上げられた。
1981-04-12---スペースシャトル・コロンビアの処女飛行の写真!
1981-04-12---スペースシャトル、最初のミッション「STS-1」の打ち上げ!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告