on-the-time.jp

2013-04-12

Googleは、死後のデータの使用を決定するツールを開始!

BBC Newsは、Googleは、誰かが死んだ後のデータや不活発になった後のデータで、何がそのデータで起こるか、ユーザーが決定することを可能にすると報告した。

Googleは、オンラインで、微妙な問題に対処する最初の大企業になった。

特徴は電子メール、ソーシャル・ネットワーク「グーグル・プラス(Google Plus/Google+)」および他のアカウントに当てはまる。

[AD] You can advertise on this site.

ユーザーは、時間の設定時間の後に、データを削除するか特定の人々にそれを伝えることに決めることができる。

世界中のインターネット利用者は、何がそれらの死去の後に、データで起こるかに対する懸念を示した。

Googleがblogpostの中で「私たちは、この新しい特徴によってあなたが、プライバシーとセキュリティを保護する方法でデジタル晩年(digital afterlife)を計画し、去った後、生命をあなたの家族にとってより簡単にすることを望みます。」と言った。

カリフォルニアのGoogleはさらにYouTube、写真を共有するサービスPicasaおよびBloggerを所有している。

Googleは、ユーザーが3、6、9あるいは12か月の不活発の後に彼らのデータを削除することを選ぶことができると言った。

あるいは、ある接触はそれらのサービスのうちのいくつかあるいは、すべてからデータを送ることができる。

しかし、その会社は、それが提供される数にメールを書くだろうか、どんな処置も講じられる前にユーザーに警告するために第2の電子メール・アドレスをemailするだろう、と言った。

人々は、ますますサイバースペースで主催されたソーシャル・ネットワークおよびデータ保存設備上のコンテンツ、あるいは「クラウド」を置いている。

Googleの場合は、ときどき危険な感じがする。

とくに人の死の世界や遺骨まで金にしようとしているようにも考えられる。
そして、危険になると無責任に放棄する!

他の会社は、人の死の後の価値について、質問に取り組むことをさらに試みました。

Facebookは、例として、ユーザがアカウントを「記念」にすることを可能にしている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.