2013-04-12

パリの裁判官は、アリゾナのオークションに北米種族のマスクを許可。

BBC NewsとAP通信は、パリの法廷は、種族の弁護士による、アリゾナで先住アメリカ人種族によって始まるマスクのオークションを止める努力を拒絶したと報告した。

ホピー種族(Hopi tribe)とその支持者は、販売が涜神の罪になるだろうと言った。

[AD] You can advertise on this site.

ホピーは、70のマスクが神聖に恵まれており、それらから盗まれたと言った。

しかし、競売人は、マスクが過去に買われ、売られており、そして法律上得られた、と言った。

「販売は進んでいます。」と種族を代表する弁護士ピエール・セルバン・シュレベール(Pierre Servan-Schreiber)が通信社AFPに伝えました。

俳優ロバート・レッドフォード(Robert Redford,)はホピーを支援しており、「親しい友達」と自称している。

裁判判決の前に、彼は、マスクが「ホピーとホピーだけに属する」と書いた。

「これらを競売にかけることは私の見解によれば、涜神の罪で、重大なモラル影響を含んでいる犯罪者行為になるでしょう」と彼が言った。

「私は、それらが属するところで、ホピー種族にこれらの神聖なアイテムを返すことができることを望みましょう。それらはオークション向けではありません。」
法的手続きは、種族の民族の権利を弁護しているサバイバル・インターナショナル(organisation Survival International,)によってもたらされました。

フランス駐在の米国の大使チャールズ・リブキン(US ambassador to France, Charles Rivkin)は、彼が販売について「非常に心配する」とさらに言いました。

しかし、競売場Neret-Minet Tessier & Sarrouの競売人ギレス・ネレット=ミネット(Gilles Neret-Minet)は、販売を止める判決は、フランスの博物館に彼らのコレクションをすっかり空にすることを潜在的に強いることができると警告した。

「私たちがこの事件で負ければ、フランスに固有の芸術のオブジェクトの販売はこれ以上ないでしょう。」と彼が言った。

芸術のオブジェクト販売で、価値評価された国家であるフランスで、販売を禁止したら、アートの価値は停滞するだろう。

そして、最後には無価値になる。

それが資本主義の中のアートであり、価値評価である。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.