on-the-time.jp

2013年04月03日

国際宇宙ステーション上の太陽電池。

NASAは2013年04月10日に、ズヴェズダ・サービス・モジュール配列(Zvezda Service Module array)の太陽電池クローズアップ写真を公開した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

ISS(International Space Station/国際宇宙ステーション)の窓から外部サーベイの一部として、滞在35乗組員(Expedition 35 crew)のうちの1人が、太陽の反射する明るい放射線がアーティスティック表現を示していることから、2013年04月03日に撮影したと報告している。

最近、この写真は乗組員のタスク・リストに加えられた。

Image Credit: NASA

ただし、この太陽電池が何年製で、現代に高性能太陽パネルと、どれほどの差があるかは、明らかにされていない。
1998年11月20日に打ち上げられているので、多分、発電能力に段違いの差があることだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告