2013-04-08

発表から1年以上!今のGoogle Glassの発想は良くない!?

美容と医学の科学

Cellular-Newsは、Googleの拡張現実感グーグル・グラス(Google Glass)を明らかにしてすでに1年が過ぎた。

会社は、SFを実際の世界へもたらすために想像された、多少遠くに取って来られた概念のプロジェクトとして、宇宙時代の光景を売り込んだ。

ベンチャーに慣れていない人々にとって、Google Glassは、厄介な見る光景を通って視野へ計画されたスマートフォンのような経験であった。

技術は、急いでデータを備えた視覚的な現実を増強しようとして、Google Xの研究所の暗く、暗い隅のGoogleエンジニアの小さなチームによって考え出された。

ほんとに????

根本概念は、音声コマンドによって、手を使わないで、目の前のテキスト、電子メール、イメージおよびビデオをもたらすことができるということであった。

前の12か月を見ると、Googleが非常に真面目にGlassを受けとめていることは明白であった。

例えば、会社は、Google Glass上にアプリケーションを得るために、第三者開発者が既に使用しているミラーAPIインターフェースに対する洞察力を与えて、ちょうど昨日2013年04月07日に、先月南西のインタラクティブ会議によって南部からのそのプレゼンテーションのビデオを記入した。

ただし、アップルと違うのは、アップルは挑戦的で、21世紀の技術でも、貪欲に受け入れ、消化してきた。
だが、Googleは20世紀に技術の焼き直しであった。

これは、グーグル従業員が会社の苦闘しているソーシャル・ネットワークGoogle+の上のアイウエア技術を見せびらかしているという事実を加えて、会社の製品への増加した焦点を実証している。

その結果、Google Glassは多くの誇大広告を得た。
また、アイウエア技術がいつか今年利用可能になるであろうことは広く報告された。

もしそれらが最後に市場に出れば、および場合、光景が約US$1,500で小売りするであろうことはさらに示唆された。

それが人気を得る場合、Google Glassには革命を作成する可能性がある。

しかし、それはあり得ない。

その理由がたくさんあり過ぎる。
しかし、それは、主として全てのものが、悪い考えであると私が思うからであった。

Google Glassに対する嫌悪感の後ろの主な動機づけは、それを着用している人は誰でも馬鹿のように見えるであろうということであった。

それは過去からの、他の拡張現実感タイプ眼鏡よりはるかに微妙で、人々が考えるのに十分に見えることはまだ特殊で、「「あなたの顔のそれは、一体全体何ですか?」と、聞きたくなる道化になっている。

Google Glassを着用している人と話し合って、快適に感じるだろうか?
Google Glassは、この問題により米国のバーで既に禁止されている。
また、ドライバーも禁止される話がある。

さらに、その価格がUS$1,500というのでは。もってのほかであった。

さらに、さらに、Google Glassの環境が、常時接続でなければ異常の機器に過ぎなくなる。
それは、スマートフォン環境ではまで、一部の地域にあるWi-Fiだけで、その他は実現されていない。

すべてが、馬鹿な思いつきのつまみ食いで、実際に深く検討されたとは考えにくかった。

2012-11-23---マイクロソフトは、拡張現実感を備えたスマート眼鏡の特許を取得。
2012-08-31---ビアグラス・デザインの変化と、飲用スピードの因果関係。
2012-06-05---「Willow Glass」と呼ばれる極薄ガラスは、デバイスを包み込める。
2012-04-17---感情を認識できるようにコンピュータを訓練すること!
2012-02-21---Googleが年末までに、「heads-up display glasses」を発売する?!
2011-10-24---ジョブスが居ないアップルは、トップを維持できるか?
2011-05-23---iPhone 5は、曲がったガラス・スクリーンを採用?!
2011-04-19---グローバルなタブレット収入、2015年までにUS$490億!?
2011-03-01---透明人間は、可能か?
2010-03-16---Appleがウェアラブルのグルを雇った!
2009-10-07---携帯電話業界は新興成長市場でもヘルスケア・プログラム拡大!
2009-07-23---スポーツとフィットネスに、今後5年でウェアラブル・ワイヤレスが浸透!
2009-04-15---最新の「ウェアラブルコンピュータ」は「Sixth Sense(第六感)」。