2013-04-08

iPad miniの登録商標は、ほとんどOK!

ジェフ・ガメット(Jeff Gamet)はMacObserverで、USPTO(US Patent and Trademark Office/米国特許商標局)は、アップルのiPad mini上の商標の要請に対するそのスタンスを改訂したと報告した。

機関は、商標を与えることで、ほとんどの問題を解決した。

したがって、アップルは、登録商標を得るために何もする必要はなくなった。

いったんは拒絶されたが、USPTOの最新の通知書は、
その機関は、アップルの記述的な性質および標本についてのセクションのためのその拒否を取消しし、iPad miniの一部として使用された時、それが単語「mini」を保護したいことをアップルが明らかにしなければならないとさらに言った。

彼らの製品名の中で用語「mini」を使用する他の会社には、まだアップルの商標出願で同様に反対する機会がある。

USPTOが支持した場合、それが規定することは少なくともありえたが、アップルの最初の拒絶は、ある大胆な会社は試みるかもしれないので、他の会社が自分のiPad miniを作るためにドアをオープンにしなかった。

代わりに、それは単にプロセスの一部であった。
また、この場合、機関は、その拒絶ポイントのうちのいくつかを落とすことにより援助したように見える。

商標を与えるように最後に作用に説得する前に、その逆転は、弁護団がどれだけの仕事アップルに行う必要があるかのを減らした。
また、会社の実績を考えれば、それは来る。

アップルは、既にiPad、iPod、iPod nano、iPod shuffleおよびiPod touchの上で商標を保持している。
また、会社が用語「mini」のただ一人のユーザーになるようには見えていないので、それは適用プロセスを通じてiPad miniを成功裡に得るのにあまり苦労するべきではない。

USPTOは、時々任意に見える裁決を出すかもしれない。
しかし、会社が、それらが相当する商標を得ることができるように、機関はプロセスで調査と訴えをしている。

そのプロセスは必ずしも効率的ではない。
しかし、それは会社がしなければならないゲームである。

「mini」がだめなら、「nano」「shuffle」「touch」だってだめになる。

固有名詞を分解しては、意味がなくなる。

「Windows」の場合は、本体が一般名詞であった。

結局、アップルはそのiPad mini商標を持つことになる。
また、私たちは、それを起こらせるために会社がどれだけの仕事をやり通さなければならなかったかで、首をかしげることになると言っている。

2013-03-31---米国登録商標特許庁、アップルのiPadミニの商標登録を拒否!

Related Dates