2013-04-08

WikiLeaksの「キッシンジャー・ケーブル」は、過去最大の外交レコードをリリース。

The Vergeは、ウィキリークス(WikiLeaks)は今までで最大の機密情報をリリースし、帰ってきたと報告した。

「キッシンジャー・ケーブル(Kissinger Cables)」は1973年から1976年まで、論争好きな米国国務長官ヘンリー・キッシンジャーに接続される170万以上の外交レコード(205,901)を含んでいる。

合計で、リリースは7億単語のまわりに長く、WikiLeaksが「ファシスト独裁政治を備えた、特にラテンアメリカ、スペインの王室に関して含んでいるフランコのスペイン(Franco's Spain, including about the Spanish royal family)、および大佐の政権の下のギリシャで、米国関与に関する著しい意外な新事実と評するものを含んでいる。

しかし、出所から漏らされた情報を得るのではなく、このリリースについて、WikiLeaksは公文書を捜せるデータベースを作成した。

WikiLeaksは、ファイルは25年後に機密解除のために調査されるべきだったが政府が、それらを分類し直すことを繰り返し試みたと言った。
更に、外交レコードは、1976年より後で、利用可能なものはない。

初期のドキュメントをアクセス可能にするために、WikiLeaksはNARA(National Archives and Record Administration/国立公文書館およびレコード局)からファイルをすべて得て、単一の捜せるデータベースへそれらを照合した。

「キッシンジャー・ケーブル」は、WikiLeaksのPlusD(Public Library of US Diplomacy/米国外交公共図書館)の大部分を形成した。
それはさらに今日開始し、熟読のために合計200万のレコードを格納している。

リリースはイラク戦争のようなまだ分類された出来事上の前の漏れほど爆発性にならないが、WikiLeaksの目標は公のために公文書にアクセスすることをより簡単にすることであると言っている。

「米国管理は世界とのその相互作用の歴史を維持するとは期待することができません」
「幸運にも、今検閲の試みに抵抗することにおける完全なレコードを持った組織は、コピーを持っています。」
と創立者ジュリアン・アサンジ(Julian Assange)が言った。