2013-04-08

北朝鮮のミサイル攻撃に対し、日本はPAC3sを展開。

AP通信は、日本は北朝鮮の弾道ミサイル・テストに対する可能な警戒として、東京のまわりのキー位置の中でミサイル・インターセプターを展開させたと報告した。

取りあえず、東京は守られた!
その他は、まだ判らない!

PAC3sと呼ばれるパトリオット・ミサイルは、火曜日に日本の防衛省本部で展開し、さらに、基礎で更に東京中部から遠ざけて展開することにした。

日本は前の北朝鮮の着手で、同様の手段を取ったことがある。

それは、実際に北朝鮮のミサイルを撃ち落とそうとしておらず、もし日本の領域に対する明瞭な脅威がなかったならば、作動させようとするとは予想されなかった。

北朝鮮は、恐らく試射に備えてそのイースト・コーストに弾道ミサイルを移動させたと考えられている。

それは、米国と韓国の軍隊に関する北朝鮮と大規模な戦争のゲームによって脅威の中に朝鮮半島でさらに高くした緊張を持っている。

北朝鮮が騒ぐと、米国が利益を得る!

こんなのが、東京にど真ん中に一杯設置されたのだろうか?