2013-04-08

気象変更で、大西洋横断飛行航路は大混乱!?

BBC Newsは、科学者は、今後も気候が変わる場合、北大西洋を横切ったフライトは今後でずっと、大混乱になるかもしれないと報告した。

イギリスのレディング大学(Reading University, UK)を中心とした研究によれば、飛行機は、既により強い風に遭遇しており、今より多くの混乱に直面するかもしれないと報告した。

自然気候変化の中で公表された研究は、世紀半ば乗客によってそれを示唆し、まわりにより頻繁により強く弾むことになる。

混乱によって影響を受けた北大西洋のゾーンはさらに増加するかもしれない。

レディング大学の博士ポール・ウィリアムズ(Dr Paul Williams)は、飛行機での移動は、気楽さがただ一つの考察ではないと言った。
そこにはさらに、より混乱した領空の金融結果が同様にあった。

彼がBBCニュースに、「フライトがそのときそれによってではなく、混乱のまわりで飛ぶことで、もっと転換されたとすれば、必要になる燃料の量が増加するであろうことは確かに妥当性があります。」と伝えた。

「航空会社が払わなければならない燃料費金はまた、結局、それはもちろん価格が上昇し、チケットを買う乗客に跳ね返ってきます。」
ウィリアムズ博士は国連総会のウィーンで、ここEGU(European Union Geosciences/欧州連合地球科学)で、彼の研究を示した。

それはイースト・アングリア大学からマノジ・ジョーシー博士(Dr Manoj Joshi from the University of East Angliaと試みられた。

科学者は北大西洋の航路に調査を集中した。
約600のフライトが、南北アメリカとヨーロッパの中に入るために毎日それと交差している。

これは当然、さらに長いフライトになる太平洋航路にも言えることだろう。

彼らは、高速のジェット気流のような高度の中で10km以上の気流への有望な変更をシミュレートするためにスーパー・コンピュータを使用した。

ジェット気流がより強く吹いており、いくつかのシナリオの下に地球の気候が暖まるとともに、混乱に関連した不安定のより多くの物の傾向があるということを提案する証拠であった。

ウィリアムズとジョーシーは、本質的に2倍の二酸化炭素を含んでいた一つを備えた不変の気候だったものを比較した。

これは現在の傾向上から。2050年代に起こるかもしれない。
ただし、現状の後期生のでの予測であり、日々進化する航空機の性能は考慮されていないのかもしれない。

模型製作は、大西洋横断の混乱の平均人員数を示唆した、また重要な混乱を含むであろう領空の量によって、最も起こりそうな結果が約100%である場合、40%と170%の間で、10%と40%の間で増加するかもしれない。

言いかえれば、影響され領空の量の2倍になるかもしれない。

ウィリアムズ博士は、「10.8%ずつ適度かより大きな混乱増加の可能性と適度かより大きな混乱」は飛行の中に特定の定義を持っています。」と言った。

1秒当たり2乗された5mの加速度(それはg-力の半分である)で航空機をまわりに弾ませ、十分に強いのは混乱になる。

それについて、シート・ベルト・サインが確かにオンになる。
それは歩くのに困難になる。
飲料が張り倒される。
シート・ベルトに対する負荷を感じる。
自然気象の変動研究は、最初に飛行混乱の将来を検査すると言われている。

詳しく知ることは困難である。
しかし、負傷者、飛行機損害およびポスト事故での乱気流のコストは、年間US$1億5000万の地域にあると考えられる。
リモート・センシングによって、快晴な青い空の不安定な空気「晴天乱気流(unstable air in clear blue skies)」を検知することは困難である。

現在、パイロットが、既にありそうな飛行状態に関する情報のために大西洋を横断して、その日の始めに旅行した飛行機からの報告書のロットに依存している。

航空機による飛行自体が気象を変更しているので、そろそろ航空機を利用する人によって料金体系を考慮すべきかもしれない。