2013-04-08

シンガポールのNFC導入が遅い。

モバイル・マネー

mobile World Liveは、ストレーツ・タイムズ(Straits Times)からのレポートによれば、シンガポールで携帯電話加入者が、NFCに基づいたサービスに加入するのが遅いとと報告している。

昨年の8月に、約15,000人のユーザーがモバイル・ペイメントを可能にするNFCに基づいたSIMカードにアップグレードしたと、情報筋は伝えていた。

シンガポールでは、国内の携帯電話会社SingTel、M1、Starhubの3社がそのモデルを採用し、政府支持のアプローチのパートナーと共有されるNFCのインフラストラクチャーを構築した。

根本的なインフラストラクチャーは共有されが、事業者はそれらが昨年の夏始めた競争率の高い小売業務を提供した。

約15,000人の約半分は、SIMカードをNFCにアップグレードするためにお金を払いました。
その一方で残りは、促進の一部としてカードが与えられた。

その報告書は、さらに技術にアップグレードする前に、公共交通機関上のNFCに基づいたペイメントを多くの消費者が待っていると述べた。

シンガポールのモバイル市場には約800万の携帯電話加入者がいる。

先週の別の報告書は、さらにサービスの少ない受取り率をあげた。

別々に、Starhubは、C-サムが最新版のSmartwalletモバイルappにすると発表し、その結果、ユーザーは映画チケットを購入することができるようになる。

顧客はNFC対応のスマートフォンでショー劇場のために最新版によってチケットを買い、次に、映画で非接触リーダを軽く打つことによりチケットを購入でできる。