2013-04-08

マーガレット・サッチャーの異常な生活と経歴。

BBC Newsは、一目で理解できるマーガレット・サッチャー(Margaret Thatcher)のガイドを公開した。

男爵夫人サッチャーは誰でしたか?(Who was Baroness Thatcher?)
1925年に生まれたマーガレット・サッチャーは、現代で最も長くイギリス首相を勤め、イギリスの首相と主な西側の民主主義国家をリードする最初の女性であった。
彼女は3つの連続の総選挙に勝ち、1979年5月から1990年11月までダウニング街で合計11年を過ごした。
私は当時、永遠に死ぬまで首相ではないのかとまで感じた。

彼女は何を達成しましたか?(What did she achieve?)
イギリスで産業革命が終わり、重工業が閉じたので、サッチャーの年にほとんど見分けがつかないほど変更されたイギリスの社会、および新しい自由市場経済は生まれた。
彼女が確立した政治哲学は、今もまだ、イギリスの政治を支配している。
しかし、批評家は、もっと分割された社会および従来の労働者階級のコミュニティーの破壊を犠牲にして変更が来たと言った。

国際ステージ上で、何をしましたか?(What about on the international stage?)
動的な自由市場保守主義の新しい形式を開拓するために、マーガレット・サッチャーはロナルド・レーガン米国大統領(US president Ronald Reagan)と協力した。
それは、それ以来、世界中で根幹となった。
ソ連のミハエル・ゴルバチョフ大統領(Soviet president Mikhael Gorbachev)を改良するための彼女の支援は、恐らく冷戦の終了に貢献し、前の東側ブロック状態へ、民主主義の普及を促進した。

レディ・サッチャーの背景は何でしたか?(What was Lady Thatcher's background?)
マーガレット・ヒルダ・ロバーツ(Margaret Hilda Roberts)は、2人の娘の次女として東イングランドの小さな市場設置市グラントハム(Grantham)で、1925年にうまれた。
彼女の父親アルフレッド(Alfred)は乾物屋を所有し、地方政治に関係していた。
オックスフォード大学(Oxford University)で化学を勉強する前に、彼女は全少女公立中等学校(all-girls grammar school)に行った。
その後、彼女は税を専攻して、弁護士になった。
離婚した百万長者ビジネスマンのデニス・サッチャー(Denis Thatcher)と彼女は結婚し、双子であった、2人の子どもキャロル(Carol)とマーク(Mark)を生んだ。

グラントハム(Grantham)のGoogle Earthポインター情報
52°54'44.62"N,0°38'35.36"W
または、
52.912394, -0.643156

彼女は、どのように政界に入りましたか?(How did she get into politics?)
彼女は、父親アルフレッドに彼女の政治に対する生涯の情熱を借りていた。
父親はグラントハムの地方自治体にいた。
1940年代中頃のオクスフォードで彼女は、大学の保守党関連の初代の女性会長になった。
34歳のとき、1959年には、彼女が、女性政治家がまだまれだった時代に、北ロンドンのフィンチリー(north London seat of Finchley)で国会議員に選ばれた。

北ロンドンのフィンチリー(north London seat of Finchley)のGoogle Earthポインター情報
51°36'4.70"N,0°11'30.23"W
または、
51.601306, -0.191731

彼女はどのようにして首相になりましたか?(How did she become prime minister?)
トーリー党リーダーであたテッド・ヒース(Tory leader Ted Heath)の教育秘書に彼女が1970年になった後、サッチャー夫人は試練を持っていた。
年上の小学校生徒のためのフリー・スクール・ミルクを終了する決定の後に、彼女は「サッチャー、ミルク略奪者(Thatcher the milk snatcher)」と呼ばれた。
彼女が党指導者になるという見通しは、首相はいうまでもなく、はるかに離れたものに見えた。
しかし、トーリー党が、1974年の第2の総選挙で負けた後、党の渇望が含まれ、多数の驚きへの彼女自身は異なるアプローチで、1975年の代表選挙で彼女はヒースを破った。
4年後に、彼女は43の下院議員大多数と首相に選ばれました。

権力の座にあった彼女の初期の数年の重要な瞬間は何でしたか?(What were the key moments of her early years in power?)
サッチャー夫人は、イギリスの病んでいる経済を回復しようと決心していた。
しかし、圧搾するインフレ、公共支出を弾圧し、借りることという彼女の選択は、大部分が予言したより遠く、悪い下降に結びついた。
イギリスが製造することと、重工業の大きな塊が閉鎖したとともに、失業は300万以上に急上昇した。
イギリスの都心部は、1981年に暴動を見た。
彼女の前任者テッド・ヒースが行ったに戻ってを行うことに対する彼女の拒否は、彼女が次の選挙で敗北に向かうように見えることを意味した。
彼女が、その第2の選挙で、アルゼンチンによって侵入された南大西洋の島を再び取るために海軍の特別対策本部を派遣したフォークランド紛争の時と、労働の左の方にある傾斜は両方とも、彼女の勝利の支援を称賛された。

彼女の2期目はどうですか?(What about her second term?)
サッチャー夫人はポストフォークランド諸島の愛国的な炎熱の波で1983年に地滑りによって再選された。
しかし、彼女の2期目はより多くの混乱を見た。
1984年の鉱夫のストライキにイギリスの歴史で最長・最多の苦しい労働争議のうちの1つを含んでいた。
ストライキと共に、その年の10月にまだ進行中であったIRAは、ブライトン(Brighton)で保守党の会議中に彼女のホテルを爆撃することにより、サッチャー夫人と彼女のキャビネットを殺害することを試みた。
自由市場が改良するとともに、彼女の2番目の期間の終わりごろ改善された経済、および国家資産の販売はスピードを上げた。

そして、彼女の3期目は?(And her third term?)
1987年の総選挙で、102議席を備えたダウニング街へ返るサッチャー夫人に続き、19世紀前半にリバプール卿(Lord Liverpool)以来最長の絶えず貢献する首相になって大多数の別の地滑りが起こった。
彼女の3期目は、ますますヨーロッパの強硬路線、民営化を備えた経済改革の継続、およびホームおよびシェア所有権の一層の成長によってマークされた。

彼女の首相の職はどのように終わりましたか?(How did her premiership come to an end?)
政治史で最も劇的なエピソードのうちの1つとして、マーガレット・サッチャーは、人頭税とあだ名をつけられて、地方自治体のための新しい税制に対する公の怒りの中で、彼女の1987年の選挙勝利の3年後に自分の議員によって放出された。
超忠実な外務大臣ジェフリー・ハウ(ultra-loyal Foreign Secretary Geoffrey Howe)の辞職は、彼女上にますます、ヨーロッパに対する懐疑的なスタンス、彼女が代表選挙で負けるだろうと上級の保守党員が彼女に伝えた後、最後に彼女の没落を引き起こした。
彼女は選挙で負けなかった。

秘書が首相を破って、自ら首相になり、選挙に負けないで辞任した首相が、世界でかっていただろうか?

男爵夫人サッチャーの重要な内政改革は何でしたか?(What were Baroness Thatcher's key domestic reforms?)
マネタリストの経済政策によるインフレを慣らそうと努力することで、抑制する結合パワー、全国的に所有された独占会社を売り払うこと、株式市場の緩和、また会議借地人のための買取請求権を導入することであった。

彼女の遺産は何ですか。?(What is her legacy?)
イギリスは、恐らく今日、マーガレット・サッチャーなしでは、非常に異なる場所になっていた。
彼女は大胆な自由市場を改良した。
また、1980年代に同じ量の論争を引き起こた団結パワーの拘束は、今、すべての主流のイギリスの政党によって一般通念として認められている。
イギリスの政治の中心は。力での彼女の時の結果で右派に変わった。
さらに彼女は、世界的なアイコンと政治的な右派の第一人者の女性政治家として、ロナルド・レーガン(Ronald Reagan)とともに、1人の人生の手本になった。

これほど明確で、強引な右派政治家がいただろうか?
日本の右翼が、心なしか小さく見える。

2012-09-11---TUCで販売中のサッチャー死亡Tシャツに、怒り!
2012-09-03---サッチャー元首相のスーツ、クリスティーズで売却。
2012-03-16---映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」
2011-09-25---鉄の女「サッチャー」が公に姿を見せた!
2011-07-04---ロンドンの米国大使館の外で公開されたレーガンの像。
1990-11-22---マーガレット・サッチャーが首相辞任を表明した。
1982-09-24---鄧小平とサッチャー首相が香港問題について話し合った。
1979-05-04---マーガレット・サッチャーが首相になった。
1979-05-03---マーガレット・サッチャーが、総選挙で勝利した。
1961-10-09---マーガレット・サッチャーに最初の政府の仕事を与えた。
1959-10-08---マーガレット・サッチャが下院議員になった。
1925-10-13---マーガレット・サッチャーが生まれた。