gaYa広告

2013年04月03日

2012年の国内スマートフォン出荷台数、前年比42.1%増、タブレット91.3%増。

Cellular-Newsは、IDC報告書によれば、日本の4Q2012年第4四半期のスマートフォン出荷量は前年同期比29.2%増の883万台で、タブレット出荷台数は、前年同期比88.3%増の202万台だったと報告した。

携帯電話出荷を合計するスマートフォン出荷の比率は77.9%まで増加した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

IDCは、この市場拡大の主要な要因はアップルのその後のiPhone 5の好調な販売で、auKDDIとSoftBankによる2012年9月に始められた、またシャープのSH-02Eの広いユーサー・ザポート、低消費電力を特色とする「IGZO」液晶ディスプレー画面と言ったと報告した。

スマートフォンのOSシェアでは、アンドロイドのスマートフォンが、連続2四半期のiOSより上回る結果で、市場の57.8%のシェアを占めた。

タブレット出荷台数もスマートフォンと同様に大幅なプラス成長を記録し、前年同期比88.3%増の202万台まで拡大した。

この市場の高い伸びの主要な要因は、クリスマス商戦をターゲットとした低価格タブレット。代表例として、アマゾンの「Kindle Fire」、Googkeの「Nexus 7」が個人ユーザー層に浸透し、市場が急拡大していること、LTE(4G方式)搭載のタブレット出荷台数の拡大、そして法人タブレット需要も堅調に推移していることが挙げられている。

タブレット市場におけるOS別トレンドでは、アンドロイドのOSシェアが48.3%の占有率となり、2期連続でトップシェアを獲得している。

2012年の国内スマートフォン市場は、アンドロイドOS端末とiOS端末が大幅に市場拡大を記録したことで、出荷台数は前年比42.1%増の2,848万台となった。

IDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストの木村 融人(Michito Kimura, Senior Market Analyst, PC, Mobile & Client Solution, IDC Japan)は、
今後の見通しに関して、短期的には「国内のスマートフォン需要は引き続き好調を維持し、2013年の出荷台数は3,000万台超となるが、2014年以降は成長が鈍化していく。また、タブレット市場は『iPad mini』のような注目度の高い端末の登場に加え、低価格タブレットの市場拡大より、需要は拡大傾向が続く。その一方で、ベンダー間での低コスト競争はさらに熾烈になり、同分野での収益構造にマイナス影響を与える可能性もある」と指摘している。

何か新しい路線がもとられていると言うことだろう。
これ絵は日本だけではなく、世界傾向である。

2013-02-15---四半期で、スマートフォンの90%以上がアンドロイドとiOSで占めた。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告