2013年04月06日

ベトナムへの帰国。

BBC Newsは、写真エディターのPhil Coomesが、
「私はベトナム戦争へのかなりの執念を認めなければなりません。それは、最も恐らく紛争の写真が写真術への私の生涯の愛を始めたという事実から生じます。」と言った。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

「McCullin」「Faas」「Page」「Huet」「Burrows」など、偉大なカメラマンの仕事は、戦争自体に対する一層の関心に拍車をかけた。

したがって、矛盾からのいくつかの写真を示すWebサイトに遭遇する場合、常に、Phil Coomesは何が提示上にあるか確かめるために通常抵抗し、クリックすることができないと言っている。

毎日、毎日送られてくる戦場の膨大な写真から、どれを新聞に掲載すべきか選ぶ作業は、簡単にエスカレートし、どんどん過激になることだろう。
それは一種のサディストな作業になる。
そして、頭が犯され続けることになる。

また戦場のカメラマンは、ベトナムという麻薬のメッカで、犯され続けていったことだろう。

日本にとっては、当時のカメラマンが競って、ニコン、キャノン、ペンタックスなどの一眼レフを購入し、戦場に飛び出ていった。
世界に、日本のカメラが知られるきっかけにもなった。

ベトナムの現在ではホーチミンと言うが、サイゴン(Saigon)には、War Remnants museum(戦争証跡博物館)には、膨大な当時の写真が展示され、中庭には当時に飛行機やヘリコプターが展示してある。
そこでは、多くのリタイヤした米国人が見学に来ていた。

若い米国人が、Vサインをして写真を撮っていた!
非常に、異常な空間になっている。

War Remnants museum(戦争証跡博物館)のGoogle Earthポインター情報
10°46'45.85"N,106°41'31.44"E
または、
10.779403, 106.692067

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。