2013年04月03日

2016の米国大統領予測は、早すぎるか?

AP通信は、ヒラリー・ロダム・クリントン(Hillary Rodham Clinton)は12分のスピーチの中で女権を全体的に主張して、火曜日に安全な政治的基盤上でとどまった。
しかし、それは元ファースト・レディー、上院議員、そして国務長官に、今から3年後再び大統領に立候補するように嘆願するファンを興奮させるのに十分であったと報告した。

彼女はワシントンのケネディセンター(Washington's Kennedy Center)で重大な音声グローバル・リーダーシップ賞(Vital Voices Global Leadership Awards)で話した。

クリントンは、恐らく、国内政治において彼女の22年で相変わらずポピュラーで、女性と少女の未開発の可能性に対して彼女が「確固たる信頼」を寄せると言った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

彼女の、非常に賞賛された国務長官を終了して以来、少女のための教育を拡張し、家庭内暴力と世界的に戦うような努力を強調するイベントは、彼女の最初の公開演説であった。

ヒラリーの準備ができているグループのメンバーが外部で元気づくとともに、2016年の政治的なうなりは避けられなかった。

もう一人の可能性の民主党の候補ジョー・バイデン副大統領(Vice President Joe Biden)はその後、同じイベントで話した。

クリントンが嫉妬を持っていれば、彼女はそれを示さなかった。

彼女は、特に議会の女性に対する暴力対策法で、最近の一新における彼の役割について、バイデンをあふれるばかりに賞賛した。

クリントンが段階を去った後、バイデンは挨拶を返し、半時間後「女性がヒラリー・クリントン以外にいない。」と、2,000人以上のほとんど女性の聴衆に伝えた。

バイデンは、クリントンの中国の宣言がほぼ20年前に「まだ世界中で強力に反復する」とし、「女権は人権です。」と彼女がその時に言ったと話した。

女性がどんな人もそうであるすべてのあらゆる機会にどこにも「権利を与えられる。」と彼は言いました。

65歳のクリントンは、彼女が別の大統領の企ての計画を持っていないと言った。
しかし、彼女はそれを除外しなかった。

彼女には彼女が非常によく知っている厳しいキャンペーン・プロセスを経る望みおよびエネルギーがあっても、民主主義者はそれら自身の中で議論している。

しかし、多数が、彼女をその有利な滑り出しが非常に大きいので、資金と注意を他の有力候補が渇望する、禁止するお気に入りと見なした。

1月のワシントンポスト-ABCニュース世論調査で、アメリカ人の67%が、クリントンに好意的な見解を持つことが分かった。

投票が1990年代に彼女の人気を測定し始て、それは彼女の最も高い格付けになった。

ヒラリー・クリントンが立候補すれば、ほとんどの女性が賛成し、さらにオバマも後押しすると、ほとんどの黒人、とくにミュージシャンが賛成することだろう。

問題は、現状をどのように2016年まで継続するかと言うことだろう。

2013-04-04---ヒラリー・クリントンの本は、2014年に期待された。
2013-03-08---ヒラリー、ビル・クリントン夫婦と、オバマ大統領のディナー。
2013-01-28---バラク・オバマは合同のインタビューでヒラリー・クリントンを賞賛。
2012-12-09---もし、2016年にヒラリー・クリントンが大統領に立候補したら!?
2012-12-07---クリントン・ゴジラ火を噴き、米国とロシアがシリアの仲裁支持で合意。
2012-08-08---ヒラリー・クリントンは、南アフリカのダンスフロアで踊り狂った!
2012-04-11---ヒラリーちゃかし(spoof)サイト!これ最高!
2011-12-01---ヒラリー・ゴジラが、ピンクの服装でビルマに上陸!
2010-10-30---ヒラリー・クリントンが、日本と中国の口げんかに首を突っ込んだ!
2010-05-22---ヒラリー・クリントンは、上海万博を訪問。
2010-05-21---鳩山首相の決断力を求め、ヒラリー・クリントンがやって来る!

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。