on-the-time.jp

2013年04月03日

偽のワインは、NYの億万長者にオークションを中止させた。

AP通信は、エネルギー専門家フロリダ億万長者で、ワイン収集者は、偽のワインの行商人によってあまりにも多くの回、お金をはぎ取られた後に、彼が素晴らしいワイン・オークションに対する興味を失ったと水曜日の陪審員に伝えたと報告した。

ウィリアム・コッホ(William Koch)は、2005年に彼に偽ビンテージ・ワインの2ダースのボトルを欺瞞的に売ったことで、彼が以前の億万長者エリック・グリーンバーグ(Eric Greenberg)を告訴する民事裁判の第2週に証人席に立った。

彼は、マンハッタン連邦裁判所裁判(Manhattan federal court trial.)で、無指定の損害賠償金に加えて、それらに費やしたUS$320,000の返却を求めている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

1992年にアメリカズ・カップを勝ち取ったヨット操縦者コッホは、彼がカリフォルニア・ビジネスマンから買ったワインが偽物を備えた彼の最初の遭遇ではないと認めた。

1988年には、彼が、トマス・ジェファーソン(Thomas Jefferson)によって所有されたと偽って信じた、4本のフランスのワインにUS$400,000を払ったと言った。

財界人と保守的な政治支持者コッホの兄弟デービッド(David)と、チャールズ・コッホ(Charles Koch)が、「偽のワインを買うことに飽きているので、私は今日、オークションでほとんど買いません」と言った。

以前の裁判で、グリーンバーグは、彼が故意に偽の1本のワインを売らないと証言した。

2005年のオークションで彼は、彼のワイン収集を約25%縮小して、17,000本のワインを売り、約US$900万ドルをポケットに入れた。

フロリダのウェストパームビーチに本拠があるOxbowグループ(Oxbow Group, based in West Palm Beach, Fla.)の創立者で、社長のコッホは、2005年のオークションで2,600本のワインを買うために370万ドル費やした。

彼が結局買ったワインを検査しないで、販売の前に決定したが、彼に、企てられた2日のために、毎日US$75,000を超える金を誰かに支払った。

彼は、さらに、1988年の想像上のジェファーソン・ボトルを調査しなかったと言った。

被告弁護人アーサー・シャートシス(Arthur Shartsis)によって疑問視されたとともに、
コッホは、「後知恵では、私は愚かでした」と言った。

「コッホ、40億ドルの会社を所有します。どれくらい素朴ですか。」とアーサー・シャートシスは尋ねた。
「趣味であるものはといえば、私の最も大きな欠点は、私が信用しすぎるということである。」、コッホは答えた。

アーサー・シャートシスは、コッホが過去25年間有名なアート、アンティーク、銃、コイン、家具、まれな写真および金塊に加えて、43,300のワイン・ボトルの彼の収集を構築するためにUS$1億ドル以上を費やしたかどうか尋ねた。

「私は多くのお金を使いました。しかし、私はどのくらい多いか、知りたくありません。また、私は、妻が知ることは望みません。」マサチューセッツ、フロリダおよびコロラドでワインセラーを持っているコッホは言った。

アーサー・シャートシスはは、彼が10月と2005年11月で6つのオークションでUS$600万ドルを単独で費やしたと彼に伝えた。

「私は行いましたか?」コッホは言った。

「私は驚きません。しかし、私はその事実を知りませんでした。」
彼は、毎時間「強烈なカタログ」による偽のワインを買うことへ、だまされたと言い、ワインが「現状有姿」で売られているオークションによる警告が、単なる「それらを盗ませ、欺かせるためにそれらが使用するだけである。」と苦情を言った。

コッホの証言は木曜日に再開することになっている。

ワインは、味わうもの、飲めないほどのワインや、味がわからない人が買うワインほど、無駄なものはない。
ただし、人のことは言えない。
家には、無駄なものが一杯である。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告