gaYa広告

2013年04月03日

小マゼラン雲は、天の川で最も親しい隣人銀河の内の一つ。

NASAは、「Stars in NGC 602a04.03.13」を公開し、SMC(Small Magellanic Cloud/小マゼラン雲)はミルキーウェイ(Milky Way/天の川)の中で最も親しい隣人銀河のうちの1つであると報告した。

たとえそれが小さく、小型程度の銀河と呼ばれたとしても、SMCは非常に明るいので、それは、南半球からの、赤道の近くで肉眼に見える。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

SMCに名前を貸したフェルディナンド・マジェラン(Ferdinand Magellan)を含む多くのナビゲーターが、海洋を横切ってそれらの方向を見つけるのを支援するためにそれを使用した。

現代の天文学者も、SMC、またそのいとこである大マゼラン雲(Large Magellanic Cloud)の研究に、非常に異なる理由で興味を持っている。

SMCが非常に接近してい明るいので、それはより離れた銀河中で検査することが難しい現象を研究する機会を提示している。
SMCの新しいチャンドラ・データは1つのそのような発見を提供した。
私たちの銀河系の外側で、私たちの太陽に似ている多量の若い星を持っていたことが、X線の放射で最初の検知した。
これらの低質量星についての新しいチャンドラの観察は、SMCの「ウィング」として知られている地域で作られていた。
ウィングのこの合成イメージでは、チャンドラ・データは紫の中で示されている。
ハッブル宇宙望遠鏡からの光学データは赤の中で示され、緑で、青い。また、スピッツァー宇宙望遠鏡からの赤外線データは赤の中で示されている。

Credits: X-ray: NASA/CXC/Univ.Potsdam/L.Oskinova et al; Optical: NASA/STScI; Infrared: NASA/JPL-Caltech

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。