gaYa広告

2013年04月03日

テレフォニカは、「NFCの視覚的な等価物」を提示する会社を支持。

モバイル・マネー

mobile World Liveは、「NFCの視覚的な等価物(the visual equivalent of NFC)」と評するものの後ろの会社は、そのWayraの新進のプログラムで、テレフォニカ(Telefónica)によって選ばれた、17のテクノロジー操業開始のうちの1社になったと報告した。

Ensygnia社は視覚認識と走査技術を提示し、ユーザーが処理を終える前にユーザー名とパスワードを入力する必要がないので、オン・ライン購入を促進している。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

代わりに、ユーザーは、購入を終えるために彼らのスマートフォンでPCのスクリーンを走査している。

Ensygnia社の技術に支援されたサービスで手続きをする場合、ユーザーはユーザー名とパスワードをセット・アップする。
さらに、それは他の技術で作動することができ、Webサイトと同様に物理的な出口の中でも使用することができるが、それらはQRコードの走査によりそれを処理にすることができる。

QRコードの利用方法が、非常に面白い!

Ensygnia社はリチャード・ハリス(Richard Harris)によって率いられている。

Ensygnia社および他の勝利者は3,400人の申込者で始まったWayra選別過程の一部として、無料賃貸のワークスペースおよびメンタリングと同様に資金調達も受け取る。

これは、この前の夏開始したWayraプログラムの一部に選ばれた操業開始の第2ラウンドになる。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。