AD SPACE

2013-03-30

デジタル・レコーディング開拓者、音楽プロデューサーのフィル・ラモーネが死去した。

BBC Newsは、デジタル・レコーディング開拓者で、CDのパイオニアで、音楽プロデューサーのフィル・ラモーネ(Phil Ramone/1934 - 2013)が、2013年03月30日に79歳で死去したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

フィル・ラモーネは、数週間は大動脈瘤の治療のために入院していた。

14のグラミー賞を受賞し、レイ・チャールズ(Ray Charles)、ボブ・ディラン(Bob Dylan)、エルトン・ジョン(Elton John)およびポール・マッカートニー(Paul McCartney)のようなスターと仕事をして、歴史で最も成功したプロデューサーのうちの1人と見なされている。

彼は、CD、ビリー・ジョエル(Billy Joel)の1982年のアルバム「52番街(52nd Street)」で、最初のCDとして、主な商用リリースを生産した。

彼の賞のうちのいくつかはテレビ番組、映画および舞台演技へのサウンドトラック向けであった。

南アフリカのネイティブとしてRamoneは、3歳のときに、バイオリンを学習した、
彼は12で米国の市民になり、1958年に自分のレコーディング・スタジオをオープンした。

彼は、その年のアルバム用グラミー賞を勝ち取った3つのレコードを製作し、1976年にポール・サイモン(Paul Simon)の「Still Crazy After All These Years」、2005年に52番街とレイ・チャールズの「Genius Loves Company」を製作した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE