on-the-time.jp

2013-03-15

2015年までに、中国でもタブレット台数が、テレビ台数を抜く!?

新華社は中国証券網(中国证券网/中証網)からの情報として、GfK市場調査グループ(The GfK market research group)予測統計によると、一世帯平均テレビ、PC、タブレットPC、携帯電話など6台以上のスクリーン・ディスプレイ付き設備を持っている。
このような情況にあって人々はテレビの前で番組を楽しむ時間がますます減少しており、タブレットPCが画面競争のなかで台頭してきた。

以前から言っているように、ダイニングに大型テレビがある時代は、もう来ない。

[AD] You can advertise on this site.

小さな革命がテレビを席巻している。
ここ一年、「第二スクリーン」と呼ばれるタブレットPCでソーシャルネットワーキングサイトを検索し、ネットユーザーと雑談したり、社会ニュースや友達の近況などの情報を把握する人々が増えてきた。

2015年までにタブレットPCがテレビに取って代わり、「第一スクリーン」となる可能性が高い。

GFKが発表した最新統計データによれば、ここ3年間でタブレットPCの販売台数は44万台から2012年には360万台あまりに増え、さらに増え続けている。
GFKでは今年、タブレットPCの販売台数が500万台を突破するものとみている。
このままのペースで伸びるとすれば、2015年までにタブレットPCの販売台数はテレビの台数を超える。

また、テレビの販売台数は下落し続けている。今日までに3D対応型テレビでもIPテレビでも高解像度のテレビでも、何れも下落傾向は変らない。2011年のテレビ販売台数は880万台だったが、GFKの予測では2015年までにテレビ販売台数は550万台にまで下落すると予測している。

現在、テレビの地位はまだ堅固だが、タブレットPCの急成長はすでに必然的なすう勢となっており、家庭保有台数はすでに1000万台を超えている。
タブレットPCは使用頻度で次第にテレビに取って代わるだろう。動画配信サイトのOoyalaの調査では、「タブレットPC利用者がオンライン番組(生放送)をみる時間はテレビの5倍に相当する。すべてのモバイル端末設備のうち、利用者がタブレットPCを利用してビデオ番組をみる時間が最も長い」ことが判明した。

テレビに比べ、タブレットPCは多くのメリットを備えている。強い移動性とリモコンが不要のほか、いつでもどこでもソーシャルネットワーキングサイトをインターネットで接続できる。タブレットPCはテレビより小さいスクリーンだが、インタラクティブさがより強く、利用しやすい特徴がある。これらのメリットによりタブレットPCは年配者であっても利用でき、特に若者には人気がある。テレビとタブレットPC市場の変化についてテレビ番組制作者は、「一連の新たな措置を講じ、新番組を制作する必要がある。タブレットPCはテレビ番組の視聴方式を変えている」との見方を示している。

現在、数100万人のテレビ視聴者がすでにタブレットPCで番組をみている。これはテレビ番組の在り方に新たな道を開くものだといえる。テレビ番組制作者は全力で視聴者を引き付けなければならない。(中国経済網)

これまでのような番組では、もう誰も見なくなる。

すでに、BBCは大きく路線変更した!

2013-03-18---BBCニュース大移動中!
2012-07-12---BBCワールドサービスはブッシュハウスを去った。
2012-07-10---ニュースルームの俳優デーウ・パテールは、論争と批判を覚悟。
2012-07-09---BBCニュースのための大事な日。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.