2013-03-15

ボーイングは、原因を明確にしないまま、2週間でテストして終える!?

AP通信は、ボーイングは、金曜日に面倒な787のバッテリーのため調整を発表し、2週以内にラップ・アップ・テストすることを予定していると報告した。

その会社は、FAA(Federal Aviation Administration/連邦航空局)から迅速な承認を得て、1月16日に始まった飛行機の基礎教育に終止符を打つことを望んでいる。

会社経営者は、米国、および他の日本航空当局はタイミングを決定するが、飛行機が数週間内に再び飛ぶことができたと言った。

[AD] You can advertise on this site.

まだ2013年01月07日にボストンで停止されたボーイング787 Dreamlinerから出火した根本的原因を知らない。
9日後、別のくすぶるバッテリーで、787に緊急着陸を強要した。それも判っていない。

ボーイングの役員は、彼らが何も知らないかもしれないと言った。

あの世への片道切符のようなこんな危険な飛行機787に、FAAは許可を出すのか?

代わりに、それらは、燃えることができないことを望むバッテリーを構築していると言っている。

つまり、誤魔化しで、FAAは許可を出すのか?

誤魔化しで切り抜け言うという犯罪行為に対して、新たなペナルティーを与えるべきである。

しかし、それでは原因は究明されないままになり、責任問題も放棄することになる。

バッテリーの8個のセルは各々、電気を通さないオレンジのテープで包まれる。

合せガラス・シートはアルミニウムからセルを保護する。

トップのワイヤーは余分な熱に抵抗する絶縁を得る。

また、工場全体は、その側で傾けられたキッチンごみ入れのように見える新しい密封した鋼桶の内部で今行われている。

セルが過熱すれば、チタン・ホースは胴体の中で新しいインチかつ半分の穴を通って飛行機の外部へガスを運ぶ。

この変更は「非常にありそうもない」ようにします、別のバッテリーの出来事が起こるだろうとボーイング787-8のエンジニアリング副社長ロン・ヒンダーバーガー(Ron Hinderberger, Boeing's vice president for 787-8 engineering)は言った。

ボーイングは、新しい鋼箱がバッテリー火事を阻止するだろうだけでなく、抑制によって1つがすべてで酸素のフローを始めて、かつ飛行機の外側の箱の内部のバッテリー・ガスおよび空気を放出するのを防ぐことを望んでいる。

ボーイングがFAAにそれを提案する前に、新しい設計がテストされた。

飛行機上の使用のためにそれを証明することができるようにそれが再テストされるだろう、とロン・ヒンダーバーガー副社長は言った。

それは1、2週間以内に行われるべきである。

その後、承認がFAAからあると言っている。

彼は、それがどれくらいの時間とるだろうかについて思索することが不適当だろうと言った。

FAAは、新しいシステムが安全かどうか、こんなに早く理解できるのか?

無責任な承認をした瞬間のに、FAAの信用は消えることだろう。

ボーイングの株価は、US$86.43で閉じるためにUS$1.81、あるいは2.1%上昇した。

投資者がバッテリー問題のための調整を予想しているとともに、それらはこの数週間に上昇している。

ロン・ヒンダーバーガーの評価は、他の会社関係者からのステートメントより用心深かった。
この人は787が数週間内に空輸できると木曜を示唆した。

しかし、原因をまず明らかにして、その対策としてと言うのが論理的である。

原因がわからず、それを放置し、燃えなくしたというのは非論理的である。

それはまるで。主語のない、下品な言語のようなものである。
アメリカでは主語がなくても許されるかのしれないが、歴史がある文化国家では許されない。

それでいて、包装紙を二枚重ねたから許してくれと言っている。

こんなことが許されるほど、多くの客を乗せて飛ばして良いのか?

トヨタは、原因を明らかにしたが、罰金を払った!

ボーイングは、顧客を馬鹿にしている。

「何番搭乗口のお客様は、まず、無事目的地に到着できるようにお祈りください。」と放送すべきだろう。

パイロットは、霊柩車の運転手!

2013-03-08---NTSBは、ボーイング787ドリームライナーの詳細な記述を公開。
2013-02-25---ANAはより多くのボーイング787フライトを取り消した。
2013-02-20---日本の調査班は、ボーイング787で、バッテリーの誤配線を見つけた。
2013-02-05---Dreamlinerの危機:ボーイングは787のために試験飛行を要求。
2013-01-28---ボーイング787の問題は、モニタリングシステム・メーカーへ移動。
2013-01-21---ボーイングの調査はバッテリー・メーカーに頼った。
2013-01-17---不況の航空業界、お先真っ暗!
2013-01-16---ドリームライナーか、悪夢のライナーか!
2013-01-16---より多くのボーイング・ドリームライナーは、飛べない鳥!
2013-01-11---FAA、ドリームライナーの調査を命令!
2013-01-08---JALのボーイング・ドリームライナーから出火!
2012-12-26---トヨタは米国の訴訟の和解で、US$10億を払うことで合意。
2012-12-20---三菱自動車、リコールで株価が墜落!
2012-11-14---トヨタ、今度は270万台の自動車をリコール。
2012-10-10---トヨタ、全体的に743万台をリコール。
2012-08-23---カンタス空港はUS$2億5600万の赤字で、飛行機注文をキャンセル!
2012-07-04---ANAとJALの空中戦、激化!!
2012-03-07---トヨタ、68万1.500台リコール。
2011-11-07---ボーイング787 Dreamliner、商業サービス2週未満で問題発覚!
2011-06-29---トヨタ、ハイブリッド車の安全面で11万台をリコール!
2011-01-26---急報!トヨタ燃料漏出で、170万台リコール!
2010-12-21---トヨタは2つのリコールで、法律で規定する最高額の罰金に合意!
2010-11-30---またトヨタ、プリウスの欠陥で、65万台修理。
2010-10-21---トヨタが、米国と日本で新たに100万台リコール!
2010-07-18---ボーイングのドリームライナーが、国際的なデビューを果たした。
2009-10-29---イランの旅客機機長が乗客に「どうか祈ってください」と伝えた。
2010-04-16---トヨタ、さらに米国で60万台リコールを発表!
2010-02-09---トヨタ、国交省にリコールを届け出。
2010-02-04---話題のトヨタ「プリウス」日米でリコール!
2007-07-08---ボーイング787が登場した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE