3月17日

聖パトリックの日

アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリック(St. Patrick/Saint Patrick)の命日。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

アイルランドでは何世紀も前からこの日を祝う伝統が受け継がれてきたが正式に1903年より祝日になった。
ダブリンで5日間の盛大なフェスティバルとなり、パレードやその他の行事が行われるようになった。
また、米国ではアイルランドからの移民が、ラバー・ビールを飲んだり、アイルランド料理としてコンビーフ・アンド・キャベッジを食べる習慣があり、「緑の日」とも呼ばれ、緑色の物を身につけて祝う。

その他、アイルランド人が多く移民したオーストラリア、カナダ、イギリス、モントセラトなどでもパレードなどが行われる。
それほど、アイルランド人がの移民が多くない日本でも、1992年からアイリッシュ・ネットワーク・ジャパンにより、原宿の表参道でパレードが行われるようになった。

2013-03-17---ニューヨークのダブリンで、みんなが聖パトリックの日を待っている。
2014-03-11---聖パトリックの祭日の到来を告げるアイルランドの料理レシピ。
2012-03-02---化学薬品で、川が緑色に染まった。
1921-12-06---アイルランドが、アイルランド自治領を宣言した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。