on-the-time.jp

3月17日

聖パトリックの日

アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリック(St. Patrick/Saint Patrick)の命日。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

アイルランドでは何世紀も前からこの日を祝う伝統が受け継がれてきたが正式に1903年より祝日になった。
ダブリンで5日間の盛大なフェスティバルとなり、パレードやその他の行事が行われるようになった。
また、米国ではアイルランドからの移民が、ラバー・ビールを飲んだり、アイルランド料理としてコンビーフ・アンド・キャベッジを食べる習慣があり、「緑の日」とも呼ばれ、緑色の物を身につけて祝う。

その他、アイルランド人が多く移民したオーストラリア、カナダ、イギリス、モントセラトなどでもパレードなどが行われる。
それほど、アイルランド人がの移民が多くない日本でも、1992年からアイリッシュ・ネットワーク・ジャパンにより、原宿の表参道でパレードが行われるようになった。

2013-03-17---ニューヨークのダブリンで、みんなが聖パトリックの日を待っている。
2014-03-11---聖パトリックの祭日の到来を告げるアイルランドの料理レシピ。
2012-03-02---化学薬品で、川が緑色に染まった。
1921-12-06---アイルランドが、アイルランド自治領を宣言した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。