on-the-time.jp

2013年03月15日

ボリショイの酸で顔を攻撃された管理者は、失明を免れるだろう。

BBC Newsは、ボリショイ・バレエの芸術監督(The artistic director of the Bolshoi Ballet)は、再び働くために十分な彼の姿を回復するかもしれないと、ドイツの病院で彼を治療する医者が言ったと報告した。

彼の顔を損なった1月に辛辣な攻撃の犠牲者セルゲイ・フィリン(Sergei Yurevitch Filin/Серге́й Юрьевич Фи́лин)は、彼の目を破損した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

彼は、医者の側の記者会見で、彼の被害を受けた皮膚の多くをカバーするために、スカーフ、帽子、サングラスを着用していて現われた。

モスクワのバレエのダンサーは、その攻撃で逮捕された。

攻撃の立案者といわれ、セルゲイ・フィリンの顔に硫酸を投げることを巧妙に計画したことで、ダンサーのパベル・ドミトリチェンコ(Pavel Dmitrichenko/Павел Дмитриченко)は非難される。

金曜の記者会見では、セルゲイ・フィリンを診察しているアーヘン大学診療所の外科医マーティン・ヘルメル博士(Friday's news conference Dr Martin Hermel, a surgeon at the Aachen University Clinic)は、彼が仕事に戻ることを可能にする「使用可能な視覚の回復に対するよい望みがある。」と言った。

しかし、医者は、さらに「目へのそのような化学損傷は複雑な長期療法を要求する。」と警告し、セルゲイ・フィリンが治療で「週ではなく数か月を過ごすだろう。」と予告した。

処置のため、2月にドイツへ行った時、彼は、視覚が「霧が立ちこめていた」とリポーターに伝えた。

記者会見で彼は、彼の顔の前に保持された指を数えてくれるように彼に依頼することにより、医者がどのように視覚をテストしているか実証した。

医者は、さらに酸によって引き起こされたその結果の傷跡が恐らく永久に残りだろうと警告した。

彼の形成外科医ノーバート・パウラ教授(Professor Norbert Pallua, his plastic surgeon)が「酸は、顔の皮膚の全層を破壊しました」と言った。

セルゲイ・フィリンは、パベル・ドミトリチェンコが攻撃に責任を負ったという主張にもかかわらず、バレエで仕事に戻るという見通しに「脅えなかった」と言った。

彼は、パベル・ドミトリチェンコを弁護して、300メンバー以上のバレエ団によって署名され、ロシアのプレジデント・ウラジミール・プーチン(Russian President Vladimir Putin)のもとへ送られた手紙に関してコメントしなかった。

セルゲイ・フィリンは、攻撃者が誰か知っていると主張しており、何人かの人々は、彼が内部抗争と競争で知られているバレエ団を連れて行った方法が嫌いだったと言った。

2013-03-06---ボリショイのダンサー、芸術監督の辛辣な攻撃を認めた。
2013-01-18---ロシアのボリショイのアート管理者に、硫酸攻撃!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。