2013年03月15日

火星の地形。

NASAは、火星偵察衛星(Mars Reconnaissance Orbiter)ミッションに搭載されてHiRISE(High Resolution Imaging Science Experiment/高解像度画像科学実験)で得られた画像を公開した。

この画像中のような溝地形は火星の中緯度地域の多くの火口で見つけられる。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

溝の変化の撮影は、2006年に火星衛星カメラ( Mars Orbiter Camera)から写真でで最初に見られた。また、そのような活動の研究はHiRISEのための高い優先事項であった。

溝の新しい多くの例が蓄えられ、今知られている。

この写真は、南部の中緯度地方で、ガサ・クレーター(Gasa Crater)の新しい蓄えを示している。

新しい蓄えは、増強されたカラー画像において特徴的に青い。

このイメージは南部の春に得られた。しかし、蓄えを形成したフローは、前の冬に生じた。
現在の溝活動は、冬と早春に集中されるように見えて、冬に溝アルコーブにおいて目に見える季節の二酸化炭素霜によって引き起こされるのかもしれないと報告している。

Written by: Colin Dundas
Image Credit: NASA/JPL/University of Arizona

今、火星は地上の火星探査車Curiosityと衛星画像の両方で観測されている。

2012-09-11---火星のドライアイスと竜巻!
2012-08-14---HiRISEから見た火星科学研究所のイメージ。
2012-08-05---火星偵察オービターは、Curiosityのパラシュートを捕らえていた。
2012-06-22---火星の衝突クレーター。
2012-05-09---NASA火星宇宙船は、火星の砂丘で大規模な移動を検知。
2011-11-01---火星のニュートン・クレーター内部の斜面。
2010-11-29---火星のプロクター・クレーターの暗い砂丘原。
2010-08-04---火星の北極層。
2010-07-12---NASAとマイクロソフトは、火星の立体近接遭遇を提供。
2010-05-10---火星のヘラス平原(Hellas Planitia)
2010-04-13---海のように青い火星。
2010-03-31---一般大衆が選んだ、NASA火星宇宙船が撮影した写真。
2010-01-21---火星の砂丘。
2009-12-06---火星の砂のさざ波!
2009-10-26---入れ墨のような火星の高精細画像。
2009-10-08---火星のNoctis Labyrinthus(夜の迷路)
2009-10-06---火星のへール・クレーターの縁にある小渓谷の写真。
2009-09-24---火星でも氷を見つけた。
2009-06-17---火星で、約34億年前の湖の痕跡を発見した。
2008-05-30---火星のここに、Phoenixは着陸した!
2008-05-26---火星周回衛星のカメラから、フェニックスの着陸写真撮影成功!
2008-04-09---NASAの火星軌道宇宙船の高解像度写真と、ステレオ写真を公開。
2008-02-27---将来、NASAが月面基地を作る着陸地点のアニメーションを公開。
2008-02-20---NASAのJPL研究所、HiRISEによる最新の火星画像を公開した。
2007-03-03---火星の北極の近くで起こったアクティブな雪崩の画像。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト