gaYa広告

2013年03月14日

コメディアンのノーマン・コリヤーが死去した。

BBC Newsは2013年03月15日に、不完全なマイクロホンを弄ぶ演技で知られるコメディアン・ノーマン・コリヤー(Comedian Norman/1925 - 2013)は87歳で死んだと、彼の娘が確認したと報告した。

ノーマン・コリヤーはパーキンソン病を持っており、ハルの彼の故郷の近くの老人ホームに住んでいたが、2013年03月14日木曜日に死去した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

少量の同時代の人、そして大きな、それで彼はしばしば働きました、彼はロイヤル・バラエティーショー上の大きな破損を得て、クラブ回路上で有名になりました。

「それは人々を笑わせて、私を健康に維持しました。」
「また、それらを健康にまた維持しました。」と彼が2009年に言っていた。

ダニー・ベイカー(Danny Baker)とジョン・クルーショー(Jon Culshaw)は、Twitterで敬意を払い書き込んでいる。

ジョン・クルーショーは、
「Rest in peace Norman Collier.. Funny, funny, wonderfully funny man. People would be permanently laughing whenever they were around him.(平和ノーマン・コリヤーの中で休止してください.。奇妙で、奇妙で、素晴らしく奇妙な人。彼の近くにいた場合は常に、人々は永久に笑うでしょう。)」

ノーマン・コリヤーは、8人兄弟の長男で、1925年のクリスマス日に船体の中で生まれた。
第二次世界大戦中に砲手を務めた後に、彼は労働者として働いたが、地方のパース・ストリート社交クラブで1回限りの制限の後に1950年にコメディーに変わった。

そう言えば、日本には、こういうお笑いがいないね〜
日本のお笑いは、自分が利口だと自慢するか、本当に馬鹿!

どこでも笑わせ続ける奇妙な人がいない。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト