gaYa広告

2013年03月15日

イタリア大使マンシーニ、インドの空港で警戒上止められた。

BBC Newsは、インド中の空港は、彼がインドを去ろうとすればイタリアの大使ダニエル・マンシーニ(Italian ambassador Daniele Mancini)を止めるように命じられた、と内務省省職員がBBCに伝えたと報告した。

大使館特権が許されないイタリアの大使は、何をした?

諮問は、昨年、ケララで2人の漁師の殺人で告発された2隻の船舶を返すことに対して、ローマが拒否した後にインドをマンシーニの去ることが許されないように、最高裁判所が命令をした。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

法廷は、先月の選挙で投票するために船舶が帰宅することを可能にした。

マンシーニは、船舶が時間通りに返すことで、法廷に個人的な保証をした。

内務省省職員は、勧告が単に木曜の最高裁判所命令の型通りのフォローアップであると言った。

デリーのイタリア大使館か、大使マンシーニからのコメントはなかった。

イタリアの船舶Massimilian Latorreとalvatore Gironeの事件は、インドとイタリアの間の外交論争に結びついた。

マンモハン・シン首相は水曜日に、、もしイタリアが船舶を返さなかったならば「結果があるだろう。」と警告した。

首相は、異常にののしり言葉で、船舶を送り返すことに対するイタリアの拒否が「承諾しがたかった」と言った。

インド政府とって主な当惑および野党がそれらの即時復帰を要求しているとともに、ローマの決定は起こった。

船舶は2012年2月に漁師を撃ったことで告訴された。

彼らは、それらを海賊と誤ったと言った。

イタリアは、その事件が今国際的な海事法の主題であるので、一旦最高裁判所デッドラインが終了したならば、ペアをインドへ返らせないことが決定されたと主張した。

ローマは、それで国民がイタリアで試みられることを望むと言った。

その出来事が公海の中で起こったので、イタリアはインドがその事件の中に司法権を持っていないと信じている。

しかし、インドは、漁師がインド人で、その出来事の時のインドの漁船に乗船していた、と主張している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。