2013年03月15日

独身生活(Celibate life)。

BBC Newsは、独身が可能な生活様式か、どうかに関する最近の記事で、自分の経験の中での経験を送るように読者に促した。

キース・オブライアン枢機卿(Cardinal Keith O'Brien)の性の無分別に関する意外な新事実に続いて、記事は、独身の生活を送ることがどれくらい実現可能か質問した。

多くの人々が独身、節制および性別なしでそうでなければ生きていることの自分の話および経験を共有するために書き込みがあった。

そこでBBCでは、12人の書き込み者を紹介した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

スリランカのカンドゥバダに住むビマロ・ビック( Vimalo (Bhikkhu), Kanduboda ,Sri Lanka)
私はイギリス人で、22年間仏教徒僧(bhikkhu)で独身生活です。
私は、長年以前に結婚していました。
私は無力でなく、関係を楽しみました。
独身は皆向けではありません。
しかし、これも任意のライフスタイルのために言うことができます。
しかし、私は、完全に包含された時、ただ一つの独身生活生活が自分自身、他への全体の異なる関係を提示することを知りました。
私は、単語「alone-ness」と「a-oneness」でプレーが好きです。
内部から経験を通してこれを見なければなりません。
独身が中へ見る外部から批評されるのは非常に簡単です。
真実の中で、再び生活を選ぶことができたならば、私は、若さから独身を選びましょう。

米国のランシングに住むスティーヴン・ビック( Stephen Bick, Lansing, US)
もちろん、それは可能です。
私は今ちょうど若いカトリックの人としてabstinence(節制)を実践しています。
それは困難です。
しかし、性的衝動は、食物(水)が肉体に必要に似ていないか、眠ります。
性別を持っていないか自慰を行わなければ、ただ倒れるわけではなく、死なないでしょう。
私は、性的純潔(婚前交渉(情交なし)はない)の基礎的なカトリックの標準によって生き、過去6か月の間これを持続しようとしています。
私は、私が以前にだったより管理の下で、生活の部分にはるかに満足しています。
私はある日結婚してもよい、また、私が行えば、さらに新しい生命を引き起こすことができる私の妻と共有するのに大きなもので、セックスはそのよい部分になるでしょう。
これは困難な呼び出しです。
また、セクシュアリティは容易にマスターされたものではないが、あなたが独身の生活を想像することができないのでそれがしたがって不可能であると仮定しません。

スコットランドのインバネスに住むシスターのペトラ・クレアシスター(Sister Petra Clare, Inverness, Scotland)
独身生活として、私自身はシスターで、それが神の優美で、私が他の何でもになりたいと思います。
セクシュアリティは人間の一部です。
また、1つはそれを放棄することができず、人間のままでありえません。
しかし、セクシュアリティは人間の創造性の1つの様相で、セクシュアリティの衝動を管理し、変形することができます。その結果新しい状態、どれがセクシュアリティを超越するかが開発されています。
これは時間および大変な仕事かかります。
また、孤独は、時々実行でのブレークダウンを引き起こす場合があります。

米国のイリノイ州シカゴに住むジュリー・モサキ(Julie Moskal, Chicago, Illinois, US)
私は46歳のかわいい女性、独身の私です、ほとんど4年でセックスはしていません。
20代から30代だった時、私はライフタイムで一生に3回の十分なセックスを持っていました。
私は同棲するために誰かを見つけるtめったに行きませんでした。
その後、私は年とり、もっとえり好みします。
また、私は、ほとんどのゲイがちょうど時間またはエネルギーの価値がないことを知りました。
全てのものは古くなりました。
私は私と互換性をもつ誰も見つけませんでした。
また、私は、喜んで確か、人のための個性および優先事項を危険にさらしませんでした。
したがって、そこで、それを持っています。
これ以上日付を持たず、自由に自分と人生を楽しむことができるので、私は実際により幸福です。
私は、自分と生活との大きな関係を持っています。
セックスは、実際にそれがすべてではありません。

ケントのオーピントンに住むリンドン・ブラウン(Lyndon Brown, Orpington, Kent)
私は1979年に僧職に備えて練習し始めました。
私は1984年の執事および1985年の聖職者と規定されました。
私はその生活と仕事が好きでした。
私は、結局女性と一緒に住み、かつ子どもを持っているために教会上で背を向けました。
私は、まだ聖職者が自由に本当に貢献することができるために独身でなければならないと信じます、神の人々。

フィリピンのパンガシナンに住むエスター・ベルク(Esther Berg, Pangasinan, Philippines)
独身生活の女性として、私は、時間および伝統のある家族のない神のものに、当てるべきエネルギーのより大きな有り余るほどの量を証明することができます。
しかし、それは、機関によって私に課された負担ではなく私の選択です。
私は、このようなの多くの女性また男性を知っている、もし社会が「異常」なこととして私たちの選択を非難しなければ、恐らく喜んで話すであろう
私たちは結婚について、私たちが同性愛者か、「あなたどこか悪いか」などと、尋ねられることに飽きています。
しかし、ローマカトリック教会は、そのすべての精神的指導者にそのような困難な必要条件を課することにより、その聖職者の役割およびイメージを本当に傷つけました。

レスターのCas( Cas, Leicester)
私は36歳の、独身で、異性愛者です。
18歳で、私は、神のために働くことに専心的な生活を過ごしたいと決定しました。
私は、独身が続くべき容易な生活ではないことに合意しましょう、毎日の誘惑があります。
この生活様式を選ぶ前に、私は、異性を備えた性的接触を持っていませんでした。
家族と友達が家族と結婚し始めるのを見ることは、多くの場合孤独の中へ蹴られる時です。
近年、イギリスと海外の両方わたって、私は宣教師としての役割で、家族を持っていることは困難でしょう。
その、本当に、対処することが難しいものは、私が位置することあるいはそれ(どれ、私は何度も伝えられました。仮定する不寛容で、私は同性愛者で、それを認める必要があります。
私は、私の独身生活あるいは慎む男性の友達が、それらの可能な特徴に関する、一定の乱用およびコメントにどのように対処するか実際に知りません。
それは十分に30代の女性である以上のものです。
しかし、少なくとも、女性のために、選択のために理解する多くではないにしても少量があるように思われます。

ウースタシアのモールヴァンに住むゲリー・デイビス(Gerry Davies, Malvern, Worcestershire)
完全に独身の生活、セックス、手淫を送らないことは可能です。
私は28才の誕生日の1か月後に結婚しました。
私の妻と私は、両方とも私たちの結婚初夜まで処女でした。
私たちは、断食と祈願の回の合意による節制の期間とは別に、その時以来性別を楽しみました。
イエスは、独身が課されることではなく、贈り物であると言いました。
私たちがする選択、するか、しないか、終身あるか、あるいは期間か。
節制が何かではないとは、残念です。人々は今日特に若者で考慮します。

ハローに住むトマス・トスカーノ(Thomas Toscano, Harrow)
私は前カトリックの聖職者です。
したがって、この議論は私に大きく興味があります。
私は、19歳だった時聖職者であるように訓練する神学校に参加しました。
教会の組織的な構造で、私が社会で最も脆弱なものに役立つ私の望みを追求するのを助けるだろうと思ったので、私は聖職者になりたかった。
独身はこのゴールを達成するために私がちょうど受け入れなければならないものでした。
結局、私は、独身が私向けではないことを理解しました。
しかし、私は聖職者になる間にそれと戦い続けました。
また、私は7年間聖職者のままでした。
最後に、私は、聖職者のままであることと独身(すなわち僧職を残し私の「重要な他者」と結婚すること)について妥協することのどちらかを選ばなければなりませんでした。
私は、去ることに決めました。
また、それは、社会の圧力および家族圧力のためにとる、困難な決定でした。
そのように困難なのは、それがかなりその価値があったということでした。

イギリスのソールフォードに住むマンジュバジュラ(Manjuvajra, Salford, UK)
私は独身生活男性です、異性の仏教徒、そしてそのように非常に幸福です。
約10年前に、私は、セックスと「重要な他者」を一生のうち持つことを楽しんだが、独身の生活が提供する情緒的なもつれからの自由を非常に好むことを発見しました。
それが任意に作られる限り、そしてない、任意のオーダーの会員資格のための条件として、私はそれを完全に健全な選択と考えます。

ファイフのグレンロセスに住むデレク・コール(Derek Cole, Glenrothes, Fife)
私は53歳です。
また、私は30年間以上独身生活でした、選択を通じてではなく宗教でする無、それが起こりました、その方法。
19歳であったとき、私はかつて性交をしました。そして、機会は経験を繰り返すために私のためにこれまで現れませんでした
私は、セックスに関して考えないと言っていません、それは単にそれです。私は、ティーンエイジャーで、今まで、していないときから、どれも持っていないという事実を実際に強調しません。誰にでもそれに関してコメントしました。

イギリスのマンチェスターに住むヘレン(Helen, Manchester, UK)
このようにして、私たちがインターネットを利用しているので、何人かの人々は、抑制または罪のためにではなく単に性別に興味をまったく持ちません。
24歳で、私はそれらのうちの1人です。
私はセックスを恥じ、手淫からねじれおよび当惑のないポリアモリーまでの何について幸福に話しましょう。
しかしながら、私は無性です。
私は、誰にも性的に引きつけられません。
関係を持って、asexualsの少数は素晴らしいが、関係を私自身持っているという考えは、私の同性愛の友達が人と関係を持っている考えによって拒絶されるのとほとんど同じ方法で、温和に反発的します。
独身生活であることを人々に強いること、彼らは当然そのようでありがちでない。破損しており、不健康である。
しかし、さらに、心理的に健康であるために誰でも性別を持っていなければならないことを要求することは、それなしではるかに幸福な私たちのものを破損することです。
私は、壊れており異常だった、と思ったので、彼らが望まなかったセックスへそれら自身を強要した多くのasexualsを知っています。
また、9月に教員教育コースを始める場合、私はセックスを持っていないとカトリック教会で見られたもののようなスキャンダルを引き起こすという仮定に基づいた誤った結論に、私のセクシュアリティを発見する人は、誰でも飛ぶだろうということを切望します。

かなり、宗教的なようですね〜
でも、これだけではないでしょう。

安っぽい宗教心で、独身をする続け、苦しんでいる人がいたら、それは可哀想です。
独身はセックスをしないと決めつけるのも変でしょう。

これを編集し、選択した人の偏見が多いように感じます。
つまり、理解できないものを無理して枠にはめようとしている。

ヨーロッパの宗教が、このような考えでは薄っぺらすぎます。
男と女の間には、指紋のように、または性器の形のように千差万別があり、枠にはめるのは、その人の言う常識だけで全体を見ようとしているからでしょう。

例えば私の友人は、同棲していると、必ず一緒に死んでくれと言われるので結婚できないと言っていた。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト