2013年03月15日

ウッドロー・ウィルソン大統領が最初の公式記者会見をして100年。

BBC Newsは、ウッドロー・ウィルソン(Woodrow Wilson/1856 - 1924)が1912年11月05日に共和党現職のウイリアム・ハワード・タフト(Republican incumbent, William Howard Taft)に勝利して第28代大統領に選出され、1913年03月04日に大統領に就任し、1913年年03月15日12:45 p.mに米国大統領として最初の公式記者会見を開始したと報告した。

現代の標準になったその出来事は、奇妙で厄介なものとして、100人を超えるリポーターの集団が大統領執務室へ向かった。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

勇気があったジャーナリストのうちの1人が質問を開始するまでに、前に近づきがたい雰囲気が漂い、短い沈黙があった。

その勇気にあるジャーナリストは、ニューヨーク・イーブニング・ポストを代表したエドワードGロウリー(Edward G Lowry, present on behalf of the New York Evening Post)で、ウィルソンは「活発に、丁寧にできるだけわずかの言葉」で返答したと言っている。

エドワードGロウリーは回想録で、「A pleasant time was not had by all.(すべてが楽しい時間によって、持たれていませんでした。)」と書いている。

そこでリポーターは、不快な質問に対する答えを要求して、失敗のためにあらゆる発言を分析する現代のホワイトハウス・メディア・ブリーフィング(White House media briefing)の騒々しい空気からは想像できない、ほど遠いものであった。

対照的に、ウィルソンの質疑応答のムードはうやうやしく、謙譲で、そして、すべての引用は厳しく非公式であった。

しかし、彼らが現在からすると古風に見えるが、政治的な報道に続いて、永遠に変えた、すべてにウィルソンの初期の記者会見は、そのトーンを設定した。

非公式であったことから、記録はまさに最初のセッションに存在していない。
しかし、大統領の速記者チャールズ・リー・スワム(Charles Lee Swem)によって得られた速記録は、最高司令官と記者団の間の対話を詳細に記録していた。

彼の最初のパフォーマンスの強堅について謝罪して、ウィルソンは1913年03月22日にジャーナリストへ、
「I want an opportunity to open part of my mind to you, so that you may know my point of view a little better than perhaps you have had an opportunity to know it so far, large part of the success of public affairs depends upon the newspapermen, Unless you get the right setting to affairs - disperse the right impression - things go wrong.(私は心の一部をあなたへオープンにする機会が欲しいのです。そのため、おそらく公共問題の成功の遠くで、大きな一部が新聞記者に依存するようにそれを知っている機会があって、より少し良く、あなたは私の見解を知っているかもしれません。あなたが情勢に適切な舞台を得ない限り、健全な印象を分散することはうまくいかないです。)」と伝えた。

プリンストン大学(Princeton University)で学生新聞を編集し、ジャーナリズムの経歴があったウィルソンは、、彼の時間に先立っていた。
ネバダ大学リノ校のジャーナリズム・レノルズ学校の準教授デービッド・リフェ(David Ryfe, associate professor at Reynolds School of Journalism in the University of Nevada, Reno)は、
「その当時のジャーナリズムは、たいした職業ではありませんでした。」
「多数が無教養でした。それで生活することができなかったので、多数には第2の仕事がありました。」と言っている。」

彼の前の職ニュージャージー知事のとき、ウィルソンは、記者会見の使用を開拓した。
また、彼は、秘書ジョーゼフ・タマルティ(Joseph Tumulty)にホワイトハウスでそれを継続するように説得された。

彼の前任者セオドア・ルーズベルト(Theodore Roosevelt)はジャーナリストと、より良く働く関係を深めるために努力し、彼はそれらを単に不規則に要約した。

ウィルソンの記者会見の記録は、彼が価値がない質問と考えたものに簡潔で軽蔑的な返答を与えて、担当していた圧迫パックに思い出させることを彼が好きだったことを示していると報告している。

「彼は、公開討論のレベルを上げたかった。彼は、人々が理解することを望みました。」

ウィルソンは、1913年と1914年に、それぞれ64回の記者会見を開催した。
しかし、1915年には、それらがそれほど頻繁でなくなり、7月に、彼はそれらをすべて取り消した。

その建前は、ドイツのUボートがその年の5月にRMSルシタニア(RMS Lusitania )の撃破で、139人のアメリカ人の生命を失ったことでの圧力であったと言っている。

しかし、多くのリポーターは、ウィルソンが単にそれらに飽きたのではないかと考えた。

2013-03-04---ウィルソンは、学長から政治家になって2年後に大統領になり、最高司令官にもなった。
2006-08-09---ニュース写真を加工した情報操作カメラマン解雇!
1920-01-10---1919年に42カ国によって批准された国際連盟が創設された。
1919-10-28---米国で禁酒法成立。
1919-04-26---国際連盟が設立で批准された。
1918-01-08---ウィルソン米国大統領が、第1次世界大戦和平と戦後世界構想発表。
1915-05-07---イギリスの豪華客船ルシタニア号が、潜水艦U20の魚雷で撃沈した。
1915-02-18---ドイツが潜水艦でイギリスの海をを封鎖した。
1914-05-09---「母の日(Mother's Day)」が米国で正式に認められた。
1913-03-15---米国のウィルソン大統領が初めて記者会見を開いた。
1913-03-04---アメリカ第28代大統領ウッドロー・ウィルソンが任期を始めた。
0000-11-11---米国の退役軍人の日(Veteran's Day)

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。