gaYa広告

2013年03月14日

アップルとGoogleの財産はどのようにリンクされるか。

BBC Newsは、激震の変更は、投資者が技術で最も大きな名前のうちの2つをどのように見るかで起こっていると報告した。

数か月前までアップルは、そのiPhoneとiPadsのヘビーな販売成功の後ろでウォールストリート( Wall Street)のスターだった、その株式市場財産で重要な浸しを見た。

Googleはその間に、投資者の目の中で不正をほとんど行うことができない会社のマントルを引き受けているように見えた。

アップルのシェアは、2013年03月05日に1年以上でそれらの最低のレベルに落ちて、かろうじて、会社の市場価値の途方もない40%が過去6か月に拭かれたのを見た傾向を反映して、それ以来回復した。

Googleのシェアは、3月初めの取引で最高値に最近上昇して、別の方法で移動させていた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

BGCファイナンシャルの上級の技術アナリストであるコリン・ギリス(Colin Gillis)は、「Googleの上昇はアップルの下落への鏡です。」と言った。

投資家ギリスは、収益成長率の将来のもとに集中し、そして、Googleキャンプが来るために何年も儲け口に変わることができた製品についてのアイデアにあふれているように見える間、アップルは将来の利益がどこから来るかについて、ほとんど与えなかった。

これは、まるで日本のソニーに似ている。
ソニーが伸びたときは、クリエイターが会社の進路を示していた。
学歴や金儲けの旨い人は、クリエイターが会社の進路を示し他ものを売ることを考えるのが得意だが、学歴や金儲けの旨い人は、会社を大きくできないし、本当の利益を生み出さない。

以前から言っているように、アップルのティム・クックはクリエイティブ能力がない。
COOやCFOになれるが、CEOの器ではない。

つまり、 COOやCFOは、CEOにはなれない。

「歴史上、アップルが非常に隠し立てすることで知られていた。」
「今、それは否定です」と彼が言います。

不確実性は明白に株主確信を弱めました。
しかし、その問題はそれより深く行くかもしれない

コンサルタント業フォレスター・リサーチのジェームズ・マッキバー(James McQuivey, of Forrester Research, a consultancy)「アップルの苦痛は、より広い問題を反映します。」と言いった。

「デバイスはもはやものではありません。今重要なことは顧客との全面的なサービス関係です。」

彼の見解では、デバイスの買い手がますます関心があるものは、競合商標がすべてかなりよいことが当然と考えられるデバイス自体というより、むしろそれらが提供するソフトウェアおよびサービスの質になっている。

iTunesミュージック・ライブラリーおよびモバイル・デバイスのためのapp販売の成功を引用してジェームズ・マッキバーは、「アップルはそれをよくまたします。」と言った。

その問題はソフトウェアです。
また、どんなに成功しても、サービスは、恐らく昨年、先例がない最高値にアップルのシェアを運転したiPhoneおよびiPadsの増加する販売から、特大の利益の伸びを生成しない。

「彼らがアップルのデバイスを備えたマジックを信じたので、投資者はシェアを押して高くしました」と彼が言った。

そのマジックは衰え始めているように見える。
しかし、その暗さを過剰に言うことは誤りである。

Enders Analysisのテクノロジー・ウォッチャーであるベネディクト・エヴァンス(Benedict Evans, a tech watcher at Enders Analysis)は、「アップルの市場占有率は安定しています。また、それは、携帯用ハンドセット販売から得られたすべての利益の3分の2を作り続けます。」と言った。

しかし、彼は、株価下落の後ろのロジックをまた認識した。

「基本の問題は、より多くの人々が次の2、3年でUS$650の携帯電話にいくつを買ってやるだろうかです。」と彼がアップルの市場の最も高価な終わりに立場を参照して言った。

アップルの収入は、多かれ少なかれ2010年に2倍になった。その後、2011年に再び2倍になった。
しかし、2012年には、それがUS$1560億まで40%程度上昇した。

アナリストは、投資者によってこの市場に対するその支配がほとんど完全なままでも、アップルが高価なスマートフォンおよびタブレットの販売を育てるその能力の限界に達していたというサインとして収入および昨年の利益での遅くなる上昇率が得られたと言った。

一方、GoogleのAndroidソフトウェア・プラットフォームは低価格市場で圧倒的に支配的な力になった。

アップルはまだほとんどの利益をとっているが、Androidのマージンは低いが、より多く売っている。

Googleは、それは無料であるため、直接Androidから利益を生まない。
しかし、Androidの電話の所有者はグーグル・サービスの利用に有効にロックされる。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。