on-the-time.jp

2013年03月14日

ネパール内戦犠牲者の公正に向けた長い戦い。

BBC Newsは、なぜネパール人は、国の残忍な内戦終結から6年以上後に、公正をまだ待っているのか?と報告してきた。

過去を埋める両側による試みにもかかわらず、対立からの傷跡がなぜまだ存在しているかについて、ジョアンナ・ジョリーは解説している。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

プルニマヤ・ラマ(Purnimaya Lama)は、何が彼女の夫アルジュン(Arjun)の身にふりかかったか知りたい。

8年前に彼は、成功したビジネスマンで、カトマンズの外側の丘陵コミュニティーで評判の高いメンバーであった。

しかし、ある日、毛沢東主義者のグループが彼を追い出すために到着した。

「私は、なぜ彼が連れて行かれたか分かりません。」
「彼は、村で皆とのよい関係を持っていました。」と6人の子どもをもつ49歳の母親が言っている。

アルジュンの誘拐がネパールの10年の内戦で高いときに起こった。
毛沢東主義の反逆者が州治安部隊を攻撃し始めた時、それは1996年にスタートした。

プルニマヤ・ラマはアルジュンに関するニュースを見つけ出すために数年待った。

その後、彼女は、彼が死んだかもしれないという噂を聞いた。

「私は、なぜ毛沢東主義者が私の夫を殺したか知ることを要求しました。またさらに、私は、彼らに死んだ夫の身体を私に示すことを要求しました。」
「しかし、今まで、何も起こっていません。」と彼女が言った。

プルニマヤ・ラマの物語はネパールの残忍な紛争から出現した多数のうちのに典型的であった。

毛沢東主義者は武器を取り、彼らは平等のために戦っていたと言った。

それらの目標はネパールの古代の階層的で、カーストに基づいた社会を倒すことあった。

しかし、多くの内戦のように、紛争は、さらに恐ろしい犯罪のために、金銭と財産、および時々窃盗のために、私怨の鎮静のためのカバーになった。

ネパールのリーダーが2006年11月に和平協定に署名した時、それらは戦争の間に17,000人以上の殺害および行方不明を調査するために真実和解委員会(Truth and Reconciliation Commission)を設立すると約束した。

それらは、国際的な人権と市民の自由を支持するために人権を尊重することを誓約した。

それは6年以上前にあった。
しかし、何も起こっていない。

残虐行為(Atrocities)は対立の両側で起こった。

国連推計は、国家治安部隊が、犯罪の70%に責任を負った、毛沢東主義者反乱軍は、残りに責任がある。

戦時乱用の恐怖を記号化するために行われた犯罪は、水責め、感電死および兵士によって15歳の女子生徒マイナ・サヌワー(Maina Sunuwar)の殺人であった。

含まれていたオフィサーは、その後軍法会議で審議されたが、単に不注意でマイナ・サヌワーの身体を正確に処分しなかったことに対して有罪と立証された。

しばしば、誘拐、殺人および拷問は、2つの側の衝突のために生じた死として変装された。
あるいは、これらが知られるようになったことで、「遭遇。」した

ある時点では、毛沢東主義者は、彼女の夫が、ネパール軍隊空襲のような遭遇で死んだとプルニマヤ・ラマに伝えた。

彼女は、彼が穴を掘ることを強いられ、彼が恐らく生きたまま埋められたことをその後、村民から知った。

「私は、彼があるエリアに埋められたかもしれないと聞きました。」と彼女が言った。

「私は、そこに行こうとしました。しかし、毛沢東主義者はそこに拠点を持っていました。したがって、私は私が行ったならば生命を失うことを心配しました。」
プルニマヤ・ラマのような事件のために戦っているネパール人のための人権弁護士が民間法廷で起訴している。

多くの逮捕令状はネパールの地区および最高裁判所の両方によって出された。

しかし、それらは続いていない。

多くの事件では、軍隊と毛沢東主義党で、重罪の犯人であると確認された人々は、次に出世した。

人権弁護士のマンドリア・シャルマー(Mandira Sharma)は「歴史上、私たちが起訴する人々の中で、責任のある問題を持っている人たちが、政権を握っている。」言っている。

「早い時期に、私たちは君主制を持っていました。また、それらは常に法律上にありました、誰もそれらに挑戦することができませんでした。」

「今、それは、政権を握っている人々の政治家です。」
「彼らは、免疫であると思います」と彼女が言った。

現在まで、矛盾に関係のある重罪のために課される一方の側からの唯一の上級の指揮者は、大佐クマール・ラマ(Colonel Kumar Lama)である。

今年の初めに、彼はイギリスで逮捕され、普遍的な司法の原理の下で、2つの拷問の訴因に直面している。

彼の裁判が6月に始まると予想されている。

ネパールの元毛沢東主義の首相ババルム・バーッタライ(Babarum Bhattarai)は、祖国が真実和解委員会および法の支配の尊重に元気をつけることを約束すると言った。

「私たちは無事向けではありません。」
「すべての場合は真実和解委員会によって調査され扱われるべきです」と彼が言った。

しかし、彼は、政党の間の戦いがプロセスを遅くしたと付け加えた。

また、ネパールの毛沢東主義の革命はまだ終わっていない。

「これは不運な問題です。しかし、すべての革命の中で、私たちはある犠牲を払わなければなりません」と彼が言った。

リーダーによって要求された犠牲は、普通のネパール人によって作られているように見える。

この日、プルニマヤ・ラマラマは、公正を要求する首相の住宅の外側の永久の抗議にしばしば参加している。

そぼ歌に、「どこが民主主義で、どこに公正がある。」抗議者は、彼らが真実和解委員会を設立するそれらの約束を満たす、ネパールのリーダーに対する圧力を持続すると言った。

プルニマヤ・ラマの事件で逮捕令状は、彼女の夫アルジュンが連れて行かれた地区で命じた毛沢東主義のリーダーに出された。

しかし、この人アグニ・サポカタ(Agni Sapkota)は自由のままである。

そして十二分に自由な彼は今、議会および毛沢東主義党スポークスマンのメンバーである。

しかし、彼は無罪を維持している。

「私は、各側は彼らのものを保護しようとしていると思います」とカトマンズ新聞エディターであるクンダ・ディキシット(Kathmandu newspaper editor, Kunda Dixit)が言った。

「他方に以前の敵の国家治安部隊、と一方の毛沢東主義者の軍隊の間で、この非常に快適な関係があります。」
「したがって、ある意味では、それはお互いにほめあいでいこうです。」
多くのネパール人が、この関係が継続する場合、公正の問題が覆い隠される場合、ネパールの脆弱な平和が危険な状態にあるかもしれないと心配している。

「私が打たれたものはここで報復の感覚の不足です」
「しかし、それは、人々の忍耐が無制限であることを意味しません。私は、不正が非常に目立つポイントへそれらは来るだろうと思います、犠牲者の家族に非常に騒々しい、それらは何かをするでしょう。」とクンダ・ディキシットが言った。

これに似たことは、日本でも起こっている。

戦犯で捕まっていた岸信介が、日本でどのように首相になったのか?
その弟の佐藤栄作も日本の首相になり、ノーベル平和賞もでもらっている。

さらに、その親戚筋である人が、今日本の首相である。

どうなっているいつのでしょう?

2013-01-05---ネパールのクマール・ラマ大佐は、拷問罪で起訴された。
2013-01-03---ネパールの拷問容疑者、ロンドン警視庁が拘留。
2012-05-31---ネパールの首都カトマンズで、最高裁判所裁判官を射殺!
2012-02-15---ネパールの毛沢東主義の戦士だった人は、幻滅を感じた。
2012-01-26---ネパールが悩む、高級なぜいたくの無駄、使い道のない高級公用車!
2011-10-31---ネパールのキリスト教徒、埋葬地問題でハンスト!
2011-08-29---ネパールの新首相にBaburam Bhattaraiが選出された。
2011-08-14---ネパールの首相Jhalanath Khanalが辞職。
2011-03-04---ネパールの元首相クリシュナ・プラサード・バーッタリが死去した。
2011-02-03---ネパールの政党はバラバラで、2010年6月以降首相が全くいない。
2011-01-15---ネパールでの国連任務が終わり、その後は不透明!
2010-10-04---沖縄は、基地負担で怒りが煮えたぎっている。
2009-08-01---北朝鮮の核問題が深刻化すれば、日本も核武装?
2008-05-28---ネパール、君主制撤廃、共和国を宣言!
2008-04-15---ネパールの選挙、毛沢東主義が大勝利してしまった!
2007-09-12---安倍晋三首相が辞任を表明した。
1979-01-04---グラマン社が「E2C」売り込みで、海外不正支払い報告書を発表した。
1974-10-08---佐藤栄作元首相が、日本人初のノーベル平和賞に選ばれた。
1974-10-06---日本に寄港するときも核兵器は解かない。
1972-07-05---田中角栄内閣が成立した。
1972-06-17---佐藤栄作首相が退陣表明をした。
1971-03-29---青島幸男が佐藤栄作総理大臣に自己満足の代表質問をした。
1969-09-17---初めてテレビ政見放送を実施した。
1968-12-28---「天照大神宮教」の北村サヨが死去した。
1967-12-11---衆議院予算委員会で佐藤栄作首相が非核三原則を表明した。
1966-12-27---黒い霧解散をした。
1965-08-13---池田勇人が死去した。
1964-11-09---佐藤栄作内閣が発足した。
1961-09-20---元運輸大臣猶橋渡夫婦を収賄幇助容疑で逮捕した。
1956-12-23---全閣僚を兼任して一人だけの内閣が成立した。
1954-11-24---自由党脱退者が日本民主党を創設した。
1954-04-21---佐藤栄作や池田勇人逮捕で、犬養健法務大臣が指揮権を発動した。
1948-09-08---「天照大神宮教」の北村サヨが東京の数寄屋橋で「無我の舞」を舞った。
1925-01-14---作家の三島由紀夫が生まれた。
1901-03-27---佐藤栄作元首相が生まれた。
1900-01-01---「天照大神宮教」の北村サヨが生まれた。
1896-11-13---岸信介元首相がが生まれた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト